作り話でもここまでのエンディングは書けないだろうというほどの結末を迎えた2016年のル・マン24時間レース。23時間57分を迎えた頃ストップした首位のTOYOTA TS050 HYBRID#5号車は、結果的に規定の時間内にゴールすることができず、リタイヤとなってしまいました。

1

パワーが出なくなった原因は走行中に確実に特定することは困難です。ドライバーが状況をチームに伝え、最適な方法を考えるわけですが、ラスト3分となってピットインしていては優勝がなくなることは確実です。

考えられる原因としてコンピュタ系のシステム不具合がありますが、我々も調子が悪いスマホやパソコンを再起動するように、車両も再起動で復帰することも考えられます。

ポルシェ2号車との差は1分半、そこで中島選手はピットインせず、チームの目の前でストップさせ、再起動させたのではないでしょうか。

再起動して走ったものの、パワーはやはり出ない。もう一度安全なストレートの途中で停止させ、再起動を試みる。けれどやはりパワーが出ない。

原因の一つとして考えられるものとして、ターボ系のパイプの損傷があります。ターボの圧力がかからなければ、エンジンは動くもののパワーは出ない。まったく動かないわけではないので、最終的に走り出したけど、規定の6分以内には戻ってこられず、残念ながらリタイヤ扱いになってしまった、ということではないでしょうか。

いずれにしても「トヨタよ、敗者のままでいいのか。」というキャッチフレーズの敗者とは2位以下を示しているわけで、未経験の優勝をしなければならない。そこで取られた措置、選択の方法としてはなにも間違っていなかった、ということなのでしょう。

関係者やドライバーからのコメントは以下のように発表されています。

佐藤俊男 TOYOTA GAZOO Racingチーム代表
昨年から今回のル・マン24時間レースに向けて必死に努力を重ねて来たチームをとても誇りに思います。また、トヨタ東富士研究所、ケルンのTMG関係者の方々には深く感謝を申し上げます。昨年の雪辱を果たすために皆が短時間で競争力のある新型シャシー、パワートレーンを開発して来たことには胸が熱くなりました。我々はチーム一丸となって今年もル・マン24時間レースに臨みました。今日の結果については言葉に表すことが出来ません。一言で言えば“無念」かもしれませんが、我々は勝利の固い決意の元に、更に強くなってここに戻って来ることを誓います。

中嶋一貴(TS050 HYBRID #5号車)
まず、チームの皆に有り難うと言いたいと思います。TS050 HYBRIDは運転しやすく、すべては上手く行っていました。レースの終盤、僅か20秒後ろをポルシェ#2号車が追い上げて来ましたが、上手くペースを作ることが出来、心配はしていませんでした。しかし、2周を残したところで万事休す。トロフィーを手にすることが出来なくなりました。最終周に、私がTS050 HYBRIDで走リ出すとマーシャルやファンはとても暖かく迎えてくれて、感情が高ぶるのを覚えました。来年こそトロフィーを獲得しに帰って来ます。

アンソニー・デビッドソン(TS050 HYBRID #5号車)
困難なレースでしたが、こんな終わり方になるとは思いもしませんでした。映画の脚本だとしても、こうは書けないと思います。結果を受け入れるのは、とても辛いものでしたが、強くなって帰って来るしかないと思います。
セバスチャン・ブエミ(TS050 HYBRID #5号車)
今日の状況を的確に表す言葉は見つけられません。我々はレースをコントロール出来ていましたし、勝利は目前でした。ル・マンは最も重要なレースだからこそ、こういう結果になるとは、受け入れられるものではありませんでした。完璧な準備をして来てこの結果ですから、チームはとても落ち込んでいますが、我々は来年の勝利に向けてスタートを切らなければなりません。

小林可夢偉(TS050 HYBRID #6号車)
残念ながら2位という結果は、望んでいたものではありません。我々は勝つためにここに来ているので、満足はしていません。TS050 HYBRIDの高いパフォーマンスを証明し、決勝レース中のファステストラップもマーク出来ました。#5号車についてはドライバー、スタッフ、エンジニアの悔しさはとても良く分かります。彼らは序盤のトラブルを克服して上位争いに復帰し、勝利に値するレースを戦いました。

ステファン・サラザン(TS050 HYBRID #6号車)
首位を走行しながら、#5号車がゴール目前にして勝利を逸するなど、とても考えられませんでした。どんなに酷い悪夢でもここまでではないでしょう。チームは素晴らしい仕事をしてくれました。TS050 HYBRIDは充分に速く、20時間にわたってレースをリード出来ました。我々には良いペースで走れる速いクルマと強いチームがあるということを示せました。しかし、レースは信じられない結末で終わってしまいました。

マイク・コンウェイ(TS050 HYBRID #6号車)
#5号車のことを考えると2位を獲得したと言っても複雑な気持ちです。今日は素晴らしいTS050 HYBRIDを自在に乗りこなしていました。彼らがどれほど落胆しているか、気持ちはとても良く分かります。我々はレースの大半で上位を争えたので、車両のパフォーマンスを示せたという点では、良いレースでした。1台が表彰台に上れたことは良かったのですが、我々はもっと良い結果を望んでいました。

そして豊田章男社長は以下のように発表しています。

豊田章男 トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長
ル・マン24時間耐久レースに、ご声援を送っていただいた皆様に心より感謝申しあげます。本当にありがとうございました。TOYOTA GAZOO Racingは、「敗者のままでいいのか」と、あえて自分達にプレッシャーをかけ、今までの悔しさを跳ね除ける戦いを続けてまいりました。メカニック、エンジニア、ドライバー、そしてサプライヤーの皆さま…戦いに携わる全ての者が、力を尽くし、改善を重ね、「もっといいクルマ」となって戻ってこられたのが、本年のル・マンであったと思います。ついに悲願達成か…と、誰もが、その一瞬を見守る中、目の前に広がったのは、信じがたい光景でした。トヨタのクルマも、速く、そして強くなりました。しかし、ポルシェは、もっと速く、そして強かった…。決勝の24時間…、そして予選なども含め合計で30時間以上となるル・マンの道を、誰よりも速く、強く走り続けるということは、本当に厳しいことでした。チームの皆の心境を思うと…、そして、応援いただいた全ての方々へ…、今、なんと申しあげたらよいか、正直、言葉が見つかりません。我々、TOYOTA GAZOO Racingは「負け嫌い」です。負けることを知らずに戦うのでなく、本当の「負け」を味あわさせてもらった我々は、来年もまた、世界耐久選手権という戦いに…、そして、この「ル・マン24時間」という戦いに戻ってまいります。もっといいクルマづくりのために…、そのためにル・マンの道に必ずや帰ってまいります。ポルシェ、アウディをはじめ、ル・マンの道で戦った全てのクルマとドライバーの皆さまに感謝すると共に、また、一年後、生まれ変わった我々を、再び全力で受け止めていただければと思います。皆さま、「負け嫌い」のトヨタを待っていてください。よろしくお願いいたします。

『本当の「負け」を味あわさせてもらった』とは力強い言葉です。「しょうがないよね」「運が悪かったね」じゃなく、来年も挑戦するという姿勢が素晴らしい。

来年こそ、トヨタは優勝すると思います。また、来年優勝して再来年からもル・マンには出場し続けて欲しい。現地で自動車を通じて人生を楽しんでいる人たちを見て、そう感じました。

(clicccar編集長 小林 和久)

衝撃のル・マン、トヨタは敗者のままじゃない! 豊田章男社長は「負け嫌い」で来年も出場を約束!(http://clicccar.com/2016/06/20/380556/)