『ファインディング・ドリー』ポスター (C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

日本でも興収110億円の大ヒットとなった『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』が、6月17日より全米4305館で公開となり、週末3日間の興収が1億3618万3170ドル(149億8014万8700円/1ドル110円換算)と圧倒的な数字で、アニメーション映画史上、全米歴代No.1のオープニング記録となる大ヒットスタートを切ったことがわかった。

[動画]『ファインディング・ドリー』予告編

これまでのアニメ映画のオープニング記録トップは『シュレック3』の1億2162万9270ドル(133億7921万9700円)、2位は『ミニオンズ』の1億1571万8405ドル(127億2902万4550円)だった。

本作は、カクレクマノミの“マーリン”がナンヨウハギの“ドリー”とともに、愛する息子“ニモ”を救出した前作の冒険から1年後が舞台。今回の主人公は忘れんぼうのドリーで、彼女の家族探しのため、親友のニモとマーリン父子をはじめとするお馴染みの仲間たちが再結集し、再び大海原に飛び出していく姿を描いた冒険ファンタジー。日本では7月16日より全国公開となる。

【関連記事】
ジョン・ラセターらが、さかなクンのマネして「ギョギョ!」っと5連発/『ファインディング・ドリー』ワールドプレミア
上川隆也と中村アンが『ファインディング・ドリー』で声優に!
『ファインディング・ドリー』最新予告編にタコのハンクら新キャラ登場!
『ニモ』続編『ファインディング・ドリー』で木梨憲武と室井滋が声優続投