彦星と織姫をイメージしたコスチュームを身にまとったミッキーマウスとミニーマウス/(C)Disney

写真拡大

東京ディズニーシーでは、6月16日から7月7日(木)までの22日間、“七夕”をテーマとしたプログラム「ディズニー七夕デイズ」を開催。昨年から期間を8日間延長しての開催となる。そして、メディテレーニアンハーバーでは、約12分の華やかな「七夕グリーティング」(1日2回)を実施中だ。

【写真を見る】「ディズニー七夕デイズ」は、昨年から期間を8日間延長!/(C)Disney

同パークの「七夕グリーティング」では、彦星と織姫をイメージしたコスチュームを身にまとったミッキーマウスとミニーマウスが船に乗って登場!

ダッフィーやシェリーメイ、アラジンやアリエルら、東京ディズニーシーでお馴染みのディズニーの仲間たちと共に、“みんなの夢がかなうように”と願いを掛けながら、ゲストに向かってグリーティングを行っていく。

ミッキーマウスたちは、七夕らしい雰囲気の音楽や「星に願いを」が流れる中、「みんなで願いを掛けよう」と呼び掛け!ゲストと一緒に「星に願いを」を歌う内容となっている。【東京ウォーカー】