写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通は6月20日、ビジネス領域における宇宙開発技術の活用に取り組むため、社内横断組織「電通宇宙ラボ(Dentsu Space Lab)」を立ち上げたと発表した。

同組織には、自宅のパソコンや手元のスマホから宇宙の星出彰彦宇宙飛行士とつながるイベント「The Space Hangout」、国際宇宙ステーションの内部が完全再現された宇宙飛行士体験アプリ「kibo360°」、アルバイトの新ジャンルとなる「宇宙バイト」などといったソリューションを手掛けてきたメンバーが参画。広告コミュニケーション領域のものだけではなく、ビジネス開発のためのアイデアやソリューションなど多岐にわたるサービスの提供を考えていくという。

(周藤瞳美)