【才能手相】知能線が地丘に向かって伸びている人は、スピリチュアルな仕事がオススメ!

写真拡大

――「知能線」に注目すると、あなたの適職が見えてきます。進路が定まらない人、今の仕事に疑問を感じている人は、知能線を要チェック! 「才能手相」シリーズで、あなたが生きる道を探しましょう。

(※手相の画像はこちらから見れます)

<第6回 スピリチュアル系の仕事に向いている手相>

【知能線の見方】
 親指と人差し指の間から手の平を横切って伸びる線を「知能線」といいます。知能線には、性格や才能の傾向があらわれるため、仕事運・適職はこの線で見ます。

■知能線が「地丘」へ伸びている人は、マニアックな専門職で成功する!
 知能線が地丘(手首の真上、中央の部分)に向かって伸びている人は、浮き世離れした空想家。とても個性的で自分の世界に浸るタイプであり、一般的な仕事よりも、独特の感性を活かせる特殊な仕事に適性があります。たとえば、占い師やスピリチュアル関係、各種研究家など。また、自分の内面世界を表現するための創作に没頭するのもオススメです。いずれにせよ、マニアックな専門職ほど才能を発揮でき、結果もついてくるでしょう。世間体が気になるからと一般企業に勤めても、周囲と馴染めず、苦しいだけ。人の目を気にせず、「自分は自分」と開き直ることで、道が開けていきます。

■「神秘十字」が出ていたら、行列のできる占い師になれるかも!
 知能線が地丘に伸びていて、さらに「神秘十字」(中指の下方、感情線と知能線の間に出る十字のサイン)が出ていたら、占いやスピリチュアル系で大成功を収められるかもしれません! 神秘十字とはその名の通り、神秘的な世界との親和性をあらわしていて、霊感が強かったり、インスピレーションにすぐれている人にあらわれます。また、神秘十字の持ち主は神仏の特別なご加護を授かって開運できるとも言われています。強運体質なので、自信をもって自分の道を進んでいきましょう!

 ちなみに、知能線が地丘に伸びる人は、「自分の世界がすべて」というタイプだけに、思い込みが激しかったり、物ごとを深刻に考えすぎてしまう傾向があります。そのため、一度ドツボにはまると、なかなか抜け出すことができずに、人生を棒に振ってしまうことも……。このような事態を避けるためには、現実的で視野の広いタイプと日頃から付き合いをよくしておくことです。手相でいうなら、知能線が真横に伸び、さらに先端で2つに分かれる人がいたら、その人こそキーパーソン。アドバイスは前向きに受け入れるといいでしょう。
(夏川リエ)