20日、日本の小学生向けの模擬試験で「竹島を不法に占領している国」を選択式で尋ねる設問が出題されていると韓国メディアが報じ、韓国のネットユーザーが強い反応をみせている。写真はソウル・金浦空港駅にある竹島模型。

写真拡大

2016年6月20日、日本の小学生向けの模擬試験で「竹島を不法に占領している国」を選択式で尋ねる設問が出題されていることについて、韓国・聯合ニュースなど多数のメディアが報じた。

【その他の写真】

中学受験を控えた小学生を対象とした模擬試験でこのほど、「日本の領土である竹島を不法に占領している国」をロシア・中国・韓国・北朝鮮の四つの選択肢から選ばせる問いが出題された。模試運営会社は出題理由について、小学校高学年の社会科教科書を発行する4社すべてが竹島と尖閣諸島を記述するようになっており、竹島をめぐる状況は「受験生にとって当然の知識になった」としている。

ただ、子どもたちへの影響を考慮し通常は避けられる「不法占領」の表現が使われたことについては、日本の専門家や子どもの親たちから懸念や驚きの声も上がっているという。そのため多くの韓国メディアは、この問題が日本で物議を醸していると報じた。

一方、韓国のネットユーザーはこれに強く反応し、記事には数千件のコメントが集まっている。

「無能な政府よ、なんとかしてくれ。さすがにうんざりしないか?」
「これでも日本の大多数の国民は問題ないと言うだろう。歴史は繰り返される」
「日本のレベルが北朝鮮並みに落ちている」
「こんな日本と外交する韓国もすごいよ」

「対馬は日本が不法占領している。陸で言ったら韓国領の方がはるかに近いじゃないか」
「最も良識のない国を選びなさい。正解は日本」
「結局は韓国が弱いから、こんな簡単なことすら防げないんだ」
「これだから日本が困っても助けたくなくなるんだよ」

「正解は日本じゃないの?選択肢にないけど」
「大人たちの汚い下心に子どもたちまで巻き込まれているみたいだ。本当に頭に来る」
「独島(日本名:竹島)に李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像を建てよう」
「こっちはこんな問題を出そう。独島が韓国領土である理由を10個書きなさい」(翻訳・編集/吉金)