ヨーロッパ風の部屋も夢じゃない? 

写真拡大

今春経営者やデザイナー陣が一新され、生まれ変わったばかりのフランスのホームファッションブランド「sia」の国内初の直営店「sia TORANOMON(シア 虎ノ門)本店」が2016年6月24日、虎の門にオープンします。

ブランドの代名詞ともいえる精巧なアートフラワーのほかに、これまで日本では取扱いがなかったテーブルウェアやファブリックなど、家をデコレーションする雑貨、約400アイテムが並びます。

覗いてみるだけでも参考に

シアが生まれたのは1963年、スウェーデンの片田舎でした。創始者のソニア・イングリット・アンダーソンさんが自宅の台所で、シルクペーパーを使ってフラワーを手作りしたことから始まったのです。

その後、花柄のプリントのテキスタイルなどもデザインされ、アイテムが雑誌などに紹介されると、爆発的なヒット商品になりました。その人気ぶりは村人を総動員しても生産が追いつかなくなったほどと言います。

フランスに拠点を移してからは、ヨーロッパを中心に世界約30か国で愛されるブランドへと成長しました。

本物と見間違うほどのアートフラワーは800円〜。生花を選ぶ感覚でチョイスして、アレンジメントやブーケにして楽しんでください。

そのほか、「フラワーベース」3000円〜、「フォトフレーム」3800円〜(税別)、「キャンドルホルダー」1500円〜、「プレート(6枚セット)」10000円〜、「クッションカバー」5800円〜など。いつもの部屋にちょこっとプラスするだけで、華やかだけど癒される空間に様変わりしそうです。

店舗では季節ごとにテーマに合わせて内装や照明などが変わっていくそうです。オープンから7月までは、パリのフリーマーケットからインスピレーションを受けたボヘミアンな「CRAZY CORAL(クレイジーコーラル)」がテーマ。コーラルカラーを基調にした空間で、新しいものと古き良きものがコラボするワクワク楽しい空間になるそうです。

ちょっと覗いてみるだけでもインテリアの参考になりそうですね。

場所は東京都港区虎ノ門1-16-16 虎ノ門1丁目MGビルディング1階。土日祝日は定休で、営業時間は11時〜20時です。

詳しくは公式サイトから。

※記事内の価格は全て税抜です。