銃乱射事件で使われた「AR-15」の破壊力を、医師たちが語った

写真拡大

フロリダ州オーランドで起きた銃乱射事件でも使用された「AR-15」。数々の乱射事件で使われてきたこのライフル銃は、あまりに優れた殺傷能力を有している。

「銃乱射事件で使われた「AR-15」の破壊力を、医師たちが語った」の写真・リンク付きの記事はこちら

アサルトライフル銃「AR-15」は、米国で起きた銃乱射事件の多くで凶器として使われている。

例えば、2012年12月にコネチカット州で起きたサンディフック小学校銃乱射事件、2012年7月にコロラド州オーロラの映画館で起きた乱射事件、2015年12月にカリフォルニア州の福祉施設で起きたサンバーナーディーノ乱射事件などが挙げられる。

2016年6月12日(米国時間)に起きたフロリダ州オーランドのナイトクラブで容疑者を含む50人が殺害された乱射事件でも、「SIG MCX」と呼ばれるAR-15タイプのアサルトライフル銃が使用された。これはもともと、警察の特殊部隊が使うために開発された銃器である。

メーカーが制作したSIG MCXのプロモーション動画。

肝臓は「床に落ちたゼリーのように」

AR-15が人体に与えうる損傷について、アリゾナ大学の外傷外科医ピーター・リーは、9mmのピストルと比較してこう説明する。「9mmのピストルによる損傷がナイフで切られたかのようなものだとしたら、AR-15によるダメージは、まるで手榴弾が体内で爆発したかのようなものです」

RELATED

弾丸がもつエネルギーが大きければ大きいほど、それが与える損傷も大きくなる。弾丸の総運動エネルギーは「弾丸の質量×その速さの2乗×1/2」に等しい。ピストルから放たれる弾丸は、AR-15のそれと比較すると速度が遅く、太ももの骨に当たるとそこで止まることもある。たとえ骨を貫通しても、大抵は皮膚内にとどまる。

それに対して、AR-15の弾丸は比較的小型だが、ピストルの弾丸の3倍のスピードで銃口から放たれる。非常に大きなエネルギーをもっているため、脚の骨を粉々にしてしまう。

「(AR-15の弾丸が)肝臓を直撃した場合には、肝臓は床に落とされたゼリーのようになります」と、テキサス大学サンアントニオ校ヘルスサイエンスセンターの外傷外科医ドナルド・ジェンキンズは言う。射出口(身体を貫通した銃弾の出口部分にあたる傷口)は、オレンジほどの大きさになることもあるという。

破壊的な威力を、簡単に扱える

高速の銃弾は、撃たれた部位以外の組織にも損傷を与えうる。「キャヴィテーション」と呼ばれる現象を引き起こすからだ。

水に指を浸して動かすと、その動きに合わせ周囲の水面はさざ波を立てる。それと同じように、高速の弾丸が身体を貫通するときにも人体の組織はさざ波を立てる。ただし、その激しさは比べものにならない。AR-15から放たれる弾丸は、たとえ大腿動脈に当たらなくてもキャヴィテーションによって大腿動脈を破裂させ、ときには失血死を引き起こす場合もあるのだ。

また、AR-15は銃撃が非常に簡単だ。反動による銃身のブレがほとんどないため「連続して発砲を繰り返せます」と、デンヴァーヘルスの外傷外科医で『Journal of Trauma and Acute Surgery』誌の編集者でもあるアーネスト・ムーアは説明する。

米国では、AR-15を自分で製造できるツールを入手できる。こうした銃は登録されず、銃規制法をくぐりぬけることになる。上の動画では、『WIRED』US版のシニア・ライター、アンディ・グリーンバーグが製造を試している。