ケガの五郎丸歩はいない。昨年のワールドカップ(W杯)で主将を務めたリーチ・マイケルも、人気者の山田章仁もいない。

 18日夜の愛知・豊田スタジアム。それでも2万4000人のファンは熱い「ニッポン・コール」を送り続けた。空には満月。最後は歓声が深いため息に変わった。

 ラグビーの新生・日本代表は、スコットランドに13−26で敗れた。W杯での雪辱は成らなかった。マーク・ハメット・ヘッドコーチ(HC)代行は顔をゆがめた。

「試合の中盤あたりで非常にフラストレーションがたまるゲームでした。13人になったシーン以外は互角に戦えた。ディシプリン(規律)を守っていかないといけない」

 ラグビーは1チーム15人で戦う。なぜ13人になったかというと、日本代表のふたりが同時にシンビン(10分間の一時退場)をもらったからである。まず前半34分、モールへのオフサイドでフランカーのツイ・ヘンドリックがイエローカードをもらった。

 その3分後だった。日本はゴール前のピンチで、スコットランドにオープンに回された。相手のラストパスを、フルバック(FB)のホープ松田力也がインターセプトを狙うような格好ながら、そのボールを左手ではたき落とした。故意のノックオンでペナルティーをとられ、認定トライを献上することになった。

 松田の述懐。

「あれは確実にボールを取りにいって、走るつもりだったんです。(笛の瞬間)ノックオンをとられたと思った。でも......。動揺したし、悔しい思いがすごくあります。チームに迷惑をかけてしまいました」

 スロービデオで確認すると、松田の左手は上から下に動いている。要は、どうレフリーに映るかである。故意のノックオンでないと示すなら、左の手の平を広げ、下から上に動かさないといけない。まだ22歳の大学生。若いというか、未熟というしかあるまい。

 伏線はある。この日は先発FBの松島幸太朗が前半序盤に負傷退場し、松田はピッチに立った。あまりにも早い出番。「意外な展開で出ることになって、動揺した部分は少しありました。対応するのに少し時間がかかりました」と小声で打ち明ける。

 そういった心理状態がプレーから冷静さを奪ったのかもしれない。ラグビー人生初のシンビンとあって、松田は落ち込んでいた。

「これが世界のレベル(のレフリング)かなと思いました。ふがいない......」

 でも、ハイパントを好捕したり、ランプレーも体をずらして前進したり、非凡さは随所に示した。これも経験である。この屈辱と悔恨を次にどう生かすか。2019年W杯日本大会のホープ、松田は「この経験を財産にしたい」と言い切った。

「ボールを持ったときは全然、通用したと思います。そういうところは自信になったので、チャレンジする気持ちを忘れずにやっていきたい。楽しみを喜びに変えたい」

 この日の日本のテーマのひとつが「我慢してディシプリンを守ること」だった。が、前半は相手の5つに対し、日本のPKとなる反則は11を数えた。序盤に早い展開からフッカー堀江翔太がトライを奪ったのだが、こう反則が多いとリズムには乗れない。

 日本は後半、相手より2人少ない13人がピッチに立った。キックオフ前、堀江主将は円陣でこう、檄を飛ばしたそうだ。「我慢しよう。ふたり分、多く動こう。コンタクトプレーで当たり負けしないようにしよう」と。

 だが、後半開始直後、スコットランドにトライを加えられた。ゴールも決められ、10−23。勝敗の帰趨はほぼ決まった。

 結局、トライは最初の1本だけに終わった。早いテンポで攻めたいのだが、要所のブレイクダウンでは相手に絡まれてしまう。スコットランドのゴール前に迫ると、ハンドリングミスを犯したり、ターンオーバー(ボール奪取)を許したりして、チャンスをつぶした。

 ラインアウトからもいい球を出せず、モールも押し込むことができなかった。松島の故障退場はあったが、バックスも決定力を欠いた。攻めに徹底さと厳しさがなかった。これは準備期間の短さによるものか。新HCの不在とも無縁ではなかろう。

 堀江主将は言った。

「非常に悔しい。ポジティブなもの、ネガティブなものがあった。(ラインアウトは)まだ"あ・うん"の呼吸がとれていない。ディシプリンはもっと意識していかないといけないと思います」

 もっとも収穫もあった。スーパーラグビーでサンウルブズとして戦っているメンバーが多いからか、フォワードが接点で当たり負けることは少なくなった。ディフェンスの出足、連係もよくなった。特にゴール前のピンチでは粘りに粘った。

 スーパーラグビー効果?と聞けば、「キンちゃん」こと、38歳のロック大野均は「慣れ」と説明した。

「日本が強くなったというか、フィジカル的に世界レベルに慣れたという感じですね。(コンタクトプレーで)受けに回ることはなくなりました」

 スクラムだって、本数を重ねるごとに修正していった。先にヒットして体重を乗せていった。互角に戦った。

 この日本特有の6月の蒸し暑さは、スコットランドの選手の方がつらいに決まっている。日本にとっては、この敗戦を生かさなければ意味がない。2019年W杯に向け、ひとつひとつが重要なステップとなる。

 疲労困憊のキンちゃんは言った。

「次は我慢ですね、我慢、我慢」

 いかにディシプリンを守るか。いかにミスを少なくするか。いかにボールを早いテンポで動かすか。それが第2戦(25日・味の素スタジアム)のカギとなる。チャンスはもう一回。新生ジャパンは27年ぶりのスコットランド戦の勝利を奪うことができるだろうか。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu