CMキャラクターに起用されたミランダさん

写真拡大

"信州味噌"で知られるマルコメ(長野市)はオーストラリア出身のファッションモデル、ミランダ・カーさんをCMキャラクターに起用したテレビCM「私に生きる食。」シリーズを2016年7月2日から放映開始する。

ミランダさんは6月20日に都内で行われたCM発表会に登場し、マルコメの食品を使ったクッキングや味噌のPRを行った。

18歳の初来日以来大の日本好きに

CMは「美麻高原蔵(マルコメの味噌蔵)篇」、「プラス糀 糀美人篇」「ダイズラボ 惣菜の素篇」「ダイズラボ 大豆粉とスイーツ粉篇」の4種類で、ミランダさんがマルコメの味噌や大豆粉を使って料理やスイーツを作る姿を披露する。

「日本の伝統的な食品×世界で活躍するトップモデル」という組み合わせは一見意外だが、ミランダさんは18歳の時に初めて日本を訪れて以来、日本の文化や食品に惚れ込み、特に味噌汁はかねてより好物の一つだという。

イベントではミランダさんがCMと同じエプロン姿で味噌汁や大豆粉のクレープ作りを実演し、同席したマルコメの青木時男社長にふるまった。ミランダさんとの"共演"に緊張して寝不足気味だったという青木社長は、ミランダさんお手製の料理に

「何もいえねぇ...」

と感激。ミランダさんは味噌汁の魅力を

「発酵食で栄養も高くビタミンBも豊富。体にも美容にもいいので好んで飲んでいます」

と語った。好きな味噌汁の具はキノコ・ワカメ・キャベツだという。5歳になる息子フリン君も味噌汁や西京焼き、塩昆布が好きだと話し、親子そろって日本食好きをアピールした。