写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに6月18日(米国時間)に掲載された記事「20 Most Important Programming Languages In The World」が、重要度の高いプログラミング言語トップ20選を紹介した。現在広く使われているプログラミング言語のみならず、歴史的に重要度の高いと判断したプログラミング言語も含まれていると説明がある。

掲載されているプログラミング言語は次のとおり。

1. ALGOL
2. COBOL
3. Fortran
4. ADA
5. PL/I
6. Pascal
7. Lisp
8. C
9. C++
10. Java
11. JavaScript
12. C#
13. Scala
14. Python
15. SQL
16. Ruby
17. PHP
18. R
19. Go
20. Swift

記事では、それぞれのプログラミング言語の簡単な説明(開発された時期、開発された目的、主にどのような用途で使われたのかなど)が記載されているほか、対象となるプログラミング言語の現在の利用状況などが説明されている。どのようなプログラミング言語に影響を受けて開発されたプログラミング言語であるかも簡単に説明があり、そのプログラミング言語が登場した経緯も簡単に把握できるようになっている。

なお、このリストに追加すべきプログラミング言語としてPerl、BASIC、Prolog、Rustなどが挙げられている。

(後藤大地)