名古屋発の男性アイドルグループとして、本格的に全国区へ進出してきたBOYS AND MEN、通称ボイメン。


中でもリーダーの水野勝さんは、今年に入ってから映画の主演を務めるなどでさらなるファン層を拡げていたり、ゆーちゃむの愛称で親しまれている小林豊さんは、女子力高めのライダー俳優として人気がうなぎのぼり。

そんな二人は、現在公開中の映画、劇場版 『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』で共演し、また新たな一面を見せてくれています。

もともとドラマ版で主人公・白鳥麗子が想いを寄せる相手・松本哲也を好演していた水野さんは続投する形、小林さんはクールな御曹司・桐生希一としてスクリーンに登場します。

Noshでは水野さん&小林さんを直撃! 「正反対」と互いを突っ込み合う仲良しな二人に、赤裸々トークを繰り広げていただきました♡


(c)鈴木由美子/講談社(c)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会

Q:すでに映画は公開されていますが、お二人のもとに感想などは届いていますか?

水野勝&小林豊:届きました!
水野勝(以下、水野):僕は、「見直したよ」って言われました。
(一同笑)
水野:なので、「だろ?」って言っておきました(笑)。ドラマから見ていただいている人には、完全に僕が演じた哲也の下馬評が低かったらしくて……。「本当に最悪」「ちゃらい」と言われてたんですけど、映画を見てもらって「見直しました」という意見が多かったです。劇場版を通してようやく哲也という男が完結したので、ちゃんと見ていただいた方に伝わっていることの証かと思うと、とてもうれしいです。
小林豊(以下、小林):僕が言われたのは、普段絶対言われないんですけど「格好いい」が多かったかな?
水野:普段は「かわいい」「美人」とかだもんな(笑)。
小林:「めっちゃくちゃ格好よかったです♡」と言われたの、すごい多かったなあ〜。(と、うれしそうな表情)


Q:水野さんから見て、小林さんの役や演技についてはどうでしたか?

水野:小林の場合は、『仮面ライダー鎧武/ガイム』のときもそうでしたけど、自分と全然違う役を演じることが多いんですよ。あれだけ振り幅があると、やってて楽しそうだなとは思いますよね。
小林:へへへ(笑)。
水野:僕はあまりかけ離れている役がないんです。わりと、受け身の役が多くて。自発的にかき乱していく役があまりなかったので、自分でかき乱していく役は楽しいだろうし、いいなあと思います。素直に羨ましいですけどね。

Q:作品や役のお話は二人でしますか?

小林:今回に限らず、役の話はちょいちょいしますね。相談はないんだけど。
水野:特に、この二人で相談はないな(笑)。
小林:よかったところを、「あそこよかったね」みたいに言い合うんです。

Q:出演作はお互いにチェックしているんですね。

水野&小林:見ます、見ます。


Q:『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』に関して言うならば、お互いに相手のお気に入りシーンはどこですか?

水野:ああ〜。僕は非常に細かいんですけど、ホテルの部屋で奥のほうから電話が鳴っていて、桐生(小林豊)が歩いてくるところですね。めっちゃ細かいですけど(笑)、ジャケットを脱いで歩いてきてからの一連が、僕は好きでした。
小林:滅多に見れへんもんねえ。小林豊、普段の3倍速くらいだもんねえ。
水野:歩き方が普段と全く違うんですよ。僕は結構好きなシーンですね。あのシーンが桐生という役を説明しているなと思って。


(c)鈴木由美子/講談社(c)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会

小林:僕は勝のお気に入り、いっぱいある。今回、恋愛ものじゃないですか。
水野:女子は好きだもんね。
小林:そう! 例えば、最初のシーンで塩をドバッと入れてるところとかの日常的なキュンキュンさと、あと桐生がたまたま車で麗子さんを乗せたのを発見する哲也の切ない表情。「行けよ〜!頑張って、声出せよ〜」と思ったりとか!

Q:(笑)。

小林:あとはネタバレになっちゃうから言えないけど、最後。「愛だな」って思った。それぞれ麗子さんのためだけに見せる顔なんだろうなって思うので、その表情が好きです。結局そういう顔って、親とかにさえ見せないわけじゃないですか。「この勝の表情、映画だから見られているんだけどね♡」みたいに思います(笑)。


前半のインタビューはここまで!

後半では、水野さんの男気トークに小林さんの女子力トークが炸裂し、恋愛話に花を咲かせてもらいましたので、お楽しみに♡

劇場版『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』は現在、全国ロードショー中です。(取材・文・写真:赤山恭子)

【関連記事】

※ アルバム発売を控え、絶好調のボイメン!名古屋デートはドコに行きたい?

※ 三代目JSBガンちゃんこと岩田剛典に直撃インタビュー!「役者としての岩田剛典」

※ 三代目JSB・岩田剛典に恋愛観をインタビュー!「運命の恋を信じたい」

※ 吉沢亮に単独インタビュー!「ドSな山粼賢人を見れるのはこの作品だけ」

※ 小栗旬、「桃太郎」役かぶりにポツリ「自分だけなんじゃないかと思っていた」