白石あさえの目指せコースデビュー! 
【連載●第12回】
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

■ボールをつかまえる動きを覚える

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回、前々回のレッスンで、クラブが正しく動かせているかのチェック法をレッスンしてきました。そこで白石さんの場合、フォローサイドの動きがうまくできないことがわかりました。でも、白石さんにかぎらず、多くのアマチュアゴルファーができていない部分なので安心してください。ここの動きがマスターできれば、ボールを正確にヒットできるようになります。

白石あさえ:以下白石 そうなんですね。どうしても、内藤コーチのような形にならないんです。

内藤:まずは復習も含めて、直立した状態で体をターンさせる動きからやってみましょう。

 足を肩幅くらいに広げて、両手で持ったクラブを水平に保ちながら体を左右に回転させます。直立した状態では白石さんもきれいに体を回転させることができています。次に前傾させた状態で同じことをやります。

白石:前傾すると体がうまく回らない感じがします。

内藤:そうなんです。前傾した状態で体を回さなければならない点がゴルフの難しいところで、そこの動きのコツをつかめれば、直立しているのと同じように体を回転させることができます。
 
 では、効果的な練習法をお教えします。まず両足を広めに開いて、右足を少しだけ後ろに下げます。ゴルフ用語で言うクローズスタンスにします。そこから右手で右腰を後ろ側から押すように回転させてください。

白石:腰は回すのではなく横に動かすのが、正しいのですか?

内藤:そうです。最初に横に動かして、左足の股関節に体重が乗った状態を作る。そこから回転させていくのが正しい動きです。

白石:複雑ですね。

内藤:ただ、この横にスライドする動きができれば、あとはクラブの勢いに任せて自然に体が回転していくので、トップからダウンスイングに入るときの腰の動きができれば、それほど難しいことではありません。

 多くのアマチュアゴルファーはボールを打つ意識が強くなるため、下半身の腰の動きよりも先に上半身が動いてしまう。これがクラブをインサイドから入れられない理由なのです。

白石:インサイド?

内藤:そう。ボールに対して内側からヘッドを入れることをインサイドから入れると言います。腰を横にスライドさせることでインサイドからクラブが下りるようになる。するとしっかりボールがつかまって、強い球を打つことができます。

白石:腰の動きですね。わかりました。練習してみます。

内藤:素振りだけではなく、実際に両足を広く広げた状態でボールを打つのも効果的です。ぜひやってみてください。


(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たし、2016年1月発売の週刊プレイボーイ6号で披露したパーフェクトボディが注目を集める。学生時代はバスケットボールをしていたというスポーツウーマンで、普通免許のほかに大型自動二輪免許も持っている。華奢な見た目からは想像がつかないアクティブな一面を持つ彼女だが、ゴルフはクラブを触ったことがある程度という全くの初心者。「ゴルフはやってみたいと前々から思っていました。今回の企画を通して、コースデビューすることが楽しみです」。身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato