アントン・イェルチン

写真拡大

『ターミネーター4』(09年)や映画『スター・トレック』シリーズなどにも出演しているアメリカの若手俳優アントン・イェルチンが、現地時間6月19日にL.A.の自宅前で車と門との間に挟まれ死亡していたのを発見された。27歳だった。

[動画]来日時のアントン・イェルチン インタビュー/映画『ターミネーター4』

イェルチンは1989年3月11日生まれ。ロシア出身。『アトランティスのこころ』(01年)で注目を浴び、主演した『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』(08年)などでの演技が高評価を得る。

2009年には話題作『スター・トレック』『ターミネーター4』に立て続けに出演。『ターミネーター4』では若き日のカイル・リース役を演じ、主演のクリスチャン・ベイル、ブライス・ダラス・ハワードらとともに来日。ジャパンプレミアにも登壇したほか、ムビコレのインタビューにも応じていた。

また、2010年のハンス・カノーザ監督作『誰かが私にキスをした』では堀北真希、松山ケンイチら多くの日本の俳優と共演している。

『スター・トレック』シリーズでは11作目となる『スター・トレック』(09年)と12作目の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(16年)でパヴェル・チェコフ役を演じており、13作目となる『スター・トレック BEYOND』でも同役を続投。現在、公開待機中だ。

【関連記事】
『ターミネーター4』 アントン・イェルチン インタビュー
アントン・イェルチンも登壇、『ターミネーター4』ジャパンプレミア
[動画]アントン・イェルチンも出演! 映画『それでも、愛してる』予告編
[動画]アントン・イェルチンも出演! 映画『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』予告編