【スケールがでかい】病院の子どものところにアメコミヒーローが窓から登場! でもコスプレしているのはいったい誰?

写真拡大

6月1日は「International Children Day(国際子どもの日)」。子どもの権利を尊重し成長を祝うことなどを目的として1925年に制定された記念日ですが、東ヨーロッパにあるアルバニアでは家族や友達同士で集まって盛大にお祝いするようです。

この日、アルバニアのある病院に現れたのはスパイダーマンやバットマンといった世界中で人気のアメコミヒーローたち! 入院中の子どもたちを元気づけるべく、窓から登場し子どもたちにプレゼントを配ったのです。これには子どもたちも大喜び!

でも、ヒーローたちに扮しているのはいったい誰……?

【アルバニア警察と特殊部隊群、出動!】


通常であれば家族や友達らと屋外で遊んで盛り上がったりする、子どものための記念日。病院にいる子どもたちはそうした楽しみを味わうことができません。

そこでアルバニア警察と特殊部隊群はスーパーヒーローたちのコスプレをして、子どもたちを喜ばせることにしたのだそう。たしかに特殊部隊であれば外の壁をつたって窓から入ることなんて朝飯前だものね!

【子どもたちにとって忘れられない思い出に】

大好きなスーパーヒーローたちが自分たちのもとにやってきてくれて歓喜の表情を見せる子どもたち。彼らの心あたたまる交流はぜひ参照元の動画でぜひご覧あれ。

日本でもアイドルやスポーツ選手が病床にいる子どものところにお忍びでやってくるという美談があるけれど、これは生涯忘れられない思い出として子どもたちの心に残るに違いありません。

参照元:Facebook、DECCAN Chronicle
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事の動画・画像を見る