19日、トルコの首都イスタンブールで、韓国人が経営するレコード店にトルコ人数十人が押し入る乱闘騒ぎがあった。イスラム教の断食月「ラマダン」期間にもかかわらずイベント参加者が酒を飲んでいるとの理由だった。写真はイスタンブール。

写真拡大

2016年6月19日、韓国・MBCテレビなどによると、トルコの首都イスタンブールで、韓国人が経営するレコード店にトルコ人数十人が押し入る乱闘騒ぎがあった。イスラム教の断食月「ラマダン」期間にもかかわらずイベント参加者が酒を飲んでいるとの理由だった。

18日(現地時間)、トルコの韓人会などによると、韓国人イさんが経営するレコード店で行われていた英国のロックバンド「レディオヘッド」のイベントに、トルコ人20人が乱入した。棒や空き瓶を持ち押し入った男らは、大声を上げながら店の備品を投げつけるなどの乱闘を繰り広げたが、店にいたバンドメンバーや、海外などから訪れたファンらに大きなけがはなかった。

事件翌日、現地のファンらは店の近くに集まり事件に抗議するデモを行ったものの、警察が催涙弾や放水銃を使い強制的に解散させた。

イスタンブールの韓国総領事館や韓人会は、この事件は韓国人を狙ったものではないとしている。

一方、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「どこの国にもこういうことでけちをつける人間がいるものだね」
「現地の文化を尊重し、宗教儀式に賛同することも大事ではあるけど、守らないからって力に訴えるという教えはイスラムにないだろう」
「理由は明らか。自分たちが食べられないのに僕らが食べてるのを見て嫉妬したんだろう」

「自分たちだって海外でヒジャブ(ムスリムの女性が髪などを覆う布)を使うくせに!」
「韓国人とラマダンには何の関係もない」
「今後、韓国の祝日に太極旗(韓国国旗)を掲揚しない韓国在住のトルコ人を締め上げてやろう」
「正月に雑煮を食べないのも駄目だぞ」

「ラマダンに酒は駄目でも暴れるのはOKなのか?」
「外国人に自分たちの文化を押し付けるなんて、教養のない人たちだな」
「ローマではローマの法に従うべきだが、ローマの宗教に従う必要はない」
「イスラム教は平和的な宗教じゃなかったの?」(翻訳・編集/吉金)