午前は排泄の「ための時間」 老けない身体と肌を作るための朝食とは?

写真拡大

私たちの身体や肌は、日々の生活で口にしたものから作られています。そのため老けない身体と肌を作るには食生活がキモ! そこで今回は、老けない身体と肌をつくるための"朝ごはんの摂り方"をみていきましょう。

朝食は摂るべきか、摂らないべきか

午前は、老化の大敵である老廃物を排泄するための時間です。そのためこの時間に消化や吸収にエネルギーを費やしてしまうと、排泄作業にエネルギーが回らなくなり、排泄作業に悪影響を及ぼすことになります。

ということで、朝からしっかり食べるのはNG! ただし、朝食を抜けばいいというわけではありません。朝食を抜けば昼食時に急激な血糖値の上昇をまねくことになり、老化を加速させることに繋がってしまいます。

では、朝食はどのように摂ればいいのでしょうか。

ベストな朝ごはんはコレ!

朝食は、排泄作業を妨げることがないよう注意して食べればいいのです。

消化・吸収にエネルギーを必要とするような肉や魚などは、朝食には不向き。消化にエネルギーを必要としない食品が最も理想的です。

たとえば、フルーツ。酵素が豊富に含まれるフルーツは消化にエネルギーを必要としないため、朝食にうってつけ。フルーツに加え生野菜などをアレンジして、軽く食べるのがベストです。乳酸菌をフルーツと一緒に摂ると酵素の働きをよくするそうなので、ヨーグルトを朝食に食べるのもいいでしょう。

以前、ブームとなったスムージーも排泄作業を妨げることのない朝食のひとつ。しかし、スムージーは凍っている食品や氷を使うこともありますよね。ただ、冷たいものは身体を冷やすことになるため、冷えた状態で飲まないなど工夫することをおすすめします。

このほか、朝の過ごし方としては、ハードなエクササイズは避けましょう。ゆったりと過ごすと排泄作業を助けることに繋がりますよ。

老廃物が体内に溜まると毒素を発生させ、老化を加速させてしまいます。老廃物をしっかりと排出することが、老けない身体と肌を保つためには重要なポイント。今日から朝食の摂り方、朝の過ごし方について見直してみてくださいね。

遠藤幸子エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』