19日、中国外交部の華春瑩報道官はインドネシア海軍による中国漁船拿捕について言及、強く抗議した。インドネシア海軍によると、南シナ海のナツナ諸島沖で違法操業をしていた中国漁船1隻を17日に拿捕したという。

写真拡大

2016年6月19日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官はインドネシア海軍による中国漁船拿捕について言及、強く抗議した。

インドネシア海軍によると、南シナ海のナツナ諸島沖で違法操業をしていた中国漁船1隻を17日に拿捕したという。漁船が逃走を図ったため、船体に向けて警告射撃を行った。

華春瑩報道官は19日の定例記者会見でこの問題に言及し、中国の伝統的な漁場でインドネシア海軍が取り締まりを行ったと批判。国連海洋法条約や南シナ海行動宣言に背く行為だと指摘した。今回の取り締まりで中国漁船1隻が拿捕され、船員7人が拘束されている。また、別の漁船は船体に損傷を負い、銃撃で船員1人が負傷したという。(翻訳・編集/増田聡太郎)