​ピレリ、F1タイヤサプライヤーを 2019年まで継続と発表

写真拡大

ピレリは、FIA との契約を更新し、2017年から 2019年までの 3 年間、引き続き Formula One 単独タイヤサプライヤーを務めるとミラノで発表した。

【ギャラリー】Formula One pirelli 2016 (29枚)


シーズンオフの期間を通じ、ピレリは、各チームの協力の下、FIA とテクニカルレギュレーションの重要な変更点に関して合意をした。2017 年シーズンより、ボディワークや幅広のタイヤを含む変更がテクニカルレギュレーションに導入されることになる。

これらの変更に備え、ピレリは、FIA および各チームに対してタイヤテストに関するスポーティングレギュレーション変更の必要性を訴求。その結果、今シーズンのテストに関して下記の合意が得られた。

1. 2017 年シーズンに向けて、タイヤ構造やコンパウンドのプロトタイプ的要素を加えた現行サイズのタイヤを装着した 2012 年、2013 年または 2014 年型マシンによるテストを実施する。

2. 2015 年型マシンに変更を加え、2017 年型タイヤサイズ(フロント:305/670-13 リア:405/670-13)のスリックタイヤを装着して、合計 25 日間のテストを実施する。

1 のテストについては、FIA および各チームとの合意に基づき、既に開始されている。
2 のテストについては、FIA およびテストへの参加チームと合意済みのテストプログラムに従い、夏に開始される予定。

■ピレリ 公式サイト