ユーロ初勝利を喜ぶアルバニア代表キャプテンDFカナ「チームメイトは多くを犠牲にした」

写真拡大

▽アルバニア代表の主将を務めるDFロリク・カナが、19日に行われたユーロ2016グループA最終節のルーマニア代表戦を振り返った。

▽勝利すれば2位浮上の可能性もあったルーマニアと、ユーロ初勝利を目指したアルバニアの一戦。アルバニアは43分にアルマンド・サディクが挙げたゴールを守り切り、ユーロ初勝利を挙げるとともに、グループ3位に浮上し、グループステージ突破に望みをつないだ。

▽初戦のスイス代表戦で退場処分を受け、この試合から復帰したカナ。ベンチスタートとなったものの、83分から途中出場していた。カナは試合を振り返り、初勝利を挙げたことを喜ぶとともに、チームメイトの犠牲心が勝利を呼び込んだとコメントした。

「本当に信じられない。チームのみんなは、3試合で多くを犠牲にしている。彼らは自分自身を全て捧げた。そして、僕は報われると信じていた。僕たちはその報酬を得たよ」