タッチ操作対応、拭き掃除しやすいフラットな天面

写真拡大

パナソニックは、ワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL05」を2016年6月24日に発売する。IPX5/7相当の防水仕様で、バスルームやキッチンで音楽再生を楽しめる。シャワーや流し台など雑音の中でも音声が聴き取りやすい「VOICEモード」を備える。

天面は拭き掃除しやすい「フラットデザインタッチキー」を採用し、本体から再生操作やインターネットラジオの選局などができるほか、スマートフォン(スマホ)向けの専用アプリ「Panasonic Music Streaming」からも選曲や再生/スキップ、音量調整などの操作に対応する。

コーン素材にポリプロピレン採用でIPX7相当の防水性能を確保した、直径6.5センチのステレオスピーカーをフロントに搭載。センターポール部には銅キャップを施し、ボーカル帯域の歪みを大幅に低減、高域まで伸びやかでクリアな音質を実現。そのほか前後に電磁気回路のないスピーカー2基「Wパッシブラジエーター」を内蔵し、雑音を抑えた豊かな低音再生が可能だ。

「ミュージックサーバー」機能を搭載した同社製ブルーレイレコーダー「ディーガ」と組み合わせ、ディーガ内に保存した音楽を再生できる。IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0をサポート。容量2950mAhのリチウムイオン電池を内蔵する。

カラーはホワイト。価格はオープン。通販サイトでは2万8000円台〜3万2000円台で予約を受け付けている。