19日、台湾でピアノコンサートを開催した小室哲哉が、女性歌手ジョリン・ツァイとのコラボを熱望していることを語り、ラブコールを送った。写真はジョリン・ツァイ。

写真拡大

2016年6月19日、台湾でピアノコンサートを開催した小室哲哉が、女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)とのコラボを熱望していることを語り、ラブコールを送った。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

台北市内のライブホール「ATT SHOW BOX」で、「小室哲哉 PIANO BIOGRAPHY feat.坂本美雨」を開催。コンサートを行うのは19年ぶりとなり、約900人の観客を集めた。1990年代には台湾でも小室ファミリーが大ブームを呼んだが、コンサートではオープニング曲の「Departures」から「BOY MEETS GIRLS」や「I’m Proud」、安室奈美恵に提供した「Can You Celebrate」など、名曲の数々を披露。美しいメロディーは観客の心を揺さぶり、大合唱が起こる感動的なコンサートとなった。

14年に発表した「I’m Not Yours」で安室奈美恵とコラボしたジョリン・ツァイについて、小室哲哉はこれまでにも高い関心を寄せていることを語ってきた。今回の台湾入りでは再びジョリン・ツァイを話題にし、「ぜひ楽曲を提供したい」と語っている。ジョリンの曲はダンサブルなものが多いが、提供したいのは「しっとりしたバラード」とのこと。これまでジョリンの所属事務所から一度も回答を得られていないため、集まったメディアに対し、「ぜひジョリン・ツァイに伝えてほしい」と伝言を頼む場面もあった。(翻訳・編集/Mathilda)