これが1万円のカレーだ! 

写真拡大

グランド ハイアット東京(東京都港区)のレストランでは、注目の夏限定のメニューが続々登場します。今回は暑い夏こそ食べたい、スパイシーメニューをご紹介します。

夏バテ気味の食欲を刺激してくれる、ラグジュアリーホテルならではの豪華メニューばかりで、どれも外せません。

目も胃袋も刺激されまくり

4階の鉄板焼き「けやき阪」では7月1日〜8月31日、極上カツカレーがランチ限定で食べられます。価格はなんと1万円! 鉄板でサックリと焼いた黒毛和牛"石垣牛"のカツレツを、スパイスの効いた黒カレーとともに食べられる、至福の一皿です。

6階ステーキハウス「オーク ドア」ではピリ辛のチリソースをつかった「チリチーズバーガー」(2200円)が登場。チェダーチーズとコーンチップス、チリソースがたっぷり入っていてやみつきになりそう。サイドメニューにはフライドポテトかサラダが選べます。9月1日〜30日までの限定メニューです。

6階の中国料理「チャイナルーム」では7月5日〜8月28日、古代米を使った辛い料理2品が登場します。

「古代米の"牛飯(がうはん)"」(3000円)は古代米の炒飯に自家製の激辛豆板醤で炒めた石垣牛のサーロインをのせた丼スタイルのメニュー。土鍋の熱々のまま、丼スタイルで楽しめます。

「古代米炒飯と白身魚の激辛包み蒸し」(3000円)は蒸した白身魚とたっぷりの野菜に自家製桂林コチュジャンをかけてある、濃厚なうまみと刺激的な辛みが特徴の一皿。夏バテ効果があるそうですよ! 

※記事内の価格は全て、税・サービズ料別です。

詳しくは公式サイトで。