レッドの立体化に歓喜の声

写真拡大

ホビーメーカーの壽屋(コトブキヤ、東京都立川市)が、人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する伝説のポケモントレーナー・レッドをフィギュアした「ARTFX J レッド with ピカチュウ」を2016年11月に発売することを決めた。

昨年はバンダイから「タケシ」や「カスミ」

16年はシリーズ第1作「赤」「緑」「青」の発売からちょうど20年の節目だ。「ポケモンの何作目をやっていたかで大体その人の年代がわかる」とよく言われるが、「ポケモン」シリーズではこれまで、複数の会社から過去の作品をリメイク・アレンジしたゲームやグッズを定期的に発表されており、大人から子供まで幅広い世代の需要を取り込んできた。最近は特に"初期のポケモンに親しんだ世代"を唸らせるフィギュアが続々発表され、話題を呼んでいる。

15年6月にバンダイから第1作に登場するキャラクター「タケシ」のフィギュアが発売された。タケシは赤、緑、青の中で主人公が最初に対峙するジムリーダーで、その見た目やセリフから多くのプレイヤーに強烈なインパクトを与えた。フィギュアはゲームボーイ版のドット絵をもとにタケシのフォルムを忠実に再現しており、完成度の高さからネットでは「狙いすぎだろ」「誰得すぎるw」といった反応が寄せられた。

バンダイは15年8月に同じく赤、緑、青に登場するジムリーダー「カスミ」のフィギュアを発売した。カスミはアニメシリーズにも登場するが、ゲーム版はアニメに比べてシャープな目ときつめの表情が特徴的。同フィギュアはゲーム版のデザインを踏襲しており、「HGカスミの目つきの悪さいいな〜」「(キャラクターデザイナーの)杉森(建)さんの初期設定画にとても忠実」と好評だった。

ゲーム本編の雄姿を忠実に再現

今回コトブキヤから発売される「レッド」は、第1作の主人公であり、その後のシリーズでは"伝説のポケモントレーナー"として登場するキャラクター。ポケモンのイラストを数多く手がけてきた漫画家のありがひとし氏が描き下ろしたイラストをもとにフィギュア化した。こちらもゲーム本編に登場する鋭い目つきの凛々しい姿を再現するように作られている。一緒についてくる人気ポケモン・ピカチュウのフィギュアもアニメでおなじみのかわいらしいデザインではなく、キリッとした顔で臨戦態勢を取っている。発売が発表されると、ツイッターなどでは

「こういうのが!ほしかったんだよ!!」
「初代ポケモンのグッズ...ありがとうございますうううう!」
「初期の頃のピカチュウですね〜この凛々しいけど可愛い感じが最高」

――と歓喜の声があがっている。レッドに続いて02年発売の「ルビー」「サファイア」に登場した主人公・ハルカのフィギュアが発売されることも決まっており、今後シリーズ展開する予定だ。