画像

写真拡大 (全2枚)

 カゴメのデジタルマーケティング基盤に、ミックスネットワークのWebサイト構築 運営プラットフォーム「SITE PUBLIS 4」が導入された。

 ミックスネットワーク は、カゴメのデジタルマーケティング基盤として、Web サイト構築 運営プラットフォーム「SITE PUBLIS 4」が導入されたことを発表した。

 カゴメは自社Webサイトのコンテンツが増え続ける一方、従来のCMSによる運用が困難な状況になっていた。さらに、独自システムの混在など、Webサイトを運営する基盤としての一貫性が無いことを課題としていた。

 そして「SITE PUBLIS 4」は管理画面の分かりやすさ、承認フローや時限公開など、複数部門で運用するための機能が充実していたことから、カゴメは今回の導入に至った。

 プロジェクトの初期段階として、Web サイトのリニューアル時期を迎えていた「カゴメ フードサービスインフォメーション」に「SITE PUBLIS 4」を導入し、基盤の再構築を実施。カゴメは今後、「SITE PUBLIS 4」に他サイトを統合していくことで、デジタルマーケティング基盤を整備していく。

MarkeZine編集部[著]