18日、あるTwitterユーザーが、藤城清治美術館のシニア割引の設定年齢について投稿し、話題を集めている。

栃木県那須高原にある同美術館は、現役で活動する芸術作家、藤城清治氏の70年を超える創作活動の集大成として2013年に開館。1924年4月17日生まれの藤城氏の影絵作品140点を始め、デッサンや資料などが常設展示されている。

投稿によると、同美術館ではシニア割引を92歳以上に設定している紹介。ユーザーは「御年92歳でバリバリの現役作家・藤城清治の作品だけを飾ってる藤城清治美術館は、そこんところの判定厳しい」と、その設定年齢の高さに驚いている。一般的な美術館のシニア割引年齢は60-65歳が多い。実際に同美術館のサイトをみると、入館料の欄には「一般(高校生以上)¥1,600」「中学生以下(3歳以上)¥1,100」のほかに、「92歳以上(藤城氏の年齢にあわせて設定)¥1,200」と記載されている。

このツイートは、20日10時半の時点で1万件以上のリツイートと、5000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題になっている。

【関連情報】
藤城清治美術館のHP

【関連記事】
ウルトラマンがJR目黒駅に出没 駅員に取り囲まれる事態
老夫婦の「かわいすぎる会話」が話題「いくつになっても捕まえておきたい」
イチゴ狩り農園が一部参加者のマナーの悪さに訴え まだ食べられるいちごが山積みに