画像

写真拡大 (全2枚)

 京セラコミュニケーションシステムは、「KANADE DSP」のスマートフォン向けネイティブ広告配信の強化を目的に、接続するSSPにおけるインフィード型広告枠を拡充する。

 京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、広告配信サービス「KANADE DSP」のスマートフォン向けネイティブ広告配信の強化を目的に、接続するSSP「DoubleClick Ad Exchange」、「CA ProFit-X」、「Geniee SSP」におけるインフィード型広告枠を拡充する。

 インフィード型ネイティブ広告枠に、同が所有する消費者の性別・年代、趣味嗜好などの属性データを用いた新規集客を促す広告や、広告主様サイトへの再訪を促すリターゲティング広告を配信することで、購買行動プロセスに応じたマーケティング活動が可能となる。

MarkeZine編集部[著]