中国の今年1−4月の乗用車輸入台数は30万9000台で、前年同期比11.7%減少したことが分かった。写真はメルセデス・ベンツ。

写真拡大

中国の今年1−4月の乗用車輸入台数は30万9000台で、前年同期比11.7%減少したことが分かった。

毎日経済新聞が16日、中国輸入自動車市場データベースが公表した統計を引用して伝えたもので、同期間の輸入乗用車販売台数も前年同期を9.7%下回った。

車種別では、SUV(スポーツタイプ多目的車)が15.7%減の18万6000台、MPV(ミニバン)が39%減の約1万台と落ち込みが目立った。セダンタイプは0.1%減の10万9000台だった。

ブランド別では、トヨタ、ランドローバー、アウディ、ポルシェなどが前年割れした一方、メルセデス・ベンツが11.1%増の4万6900台と好調で、BMWの4万5900台を抜いて首位となった。(提供/Bridge・編集/Akutagawa)