6月はブライダルシーズン。結婚式の演出に欠かすことができないのが、迎賓や入場などの際に流れるBGMですよね。その選曲によって、雰囲気も盛り上がりも左右されるかも!? というわけで、今回はウェディングプロデュースを手がける株式会社テイクアンドキヴ・ニーズが同社のウェディングプランナーを対象に実施したアンケートから、この1年間で支持されたBGMを紹介します。

【2016】結婚式で人気のBGMランキング TOP10

1位:Marry You / Bruno Mars
2位:家族になろうよ / 福山雅治
3位:The Gift / Blue
4位:永遠 / BENI
4位:ひまわりの約束 / 秦基博
5位:Hapiness / シェネル
6位:Sugar / Maroon5
7位:トリセツ / 西野カナ
8位:愛をこめて花束を / Superfly
9位:Wedding March -結婚行進曲 / Q;indivi Starring Rin Oikawa
10位:愛を叫べ / 嵐
(※T&Gおよびグループ会社である株式会社ブライズワードに在籍する全国の491名のウェディングプランナーを対象に2016年2〜3月に調査)

1位に輝いたのは、昨年の2位から順位を上げたBruno Marsの「Marry You」! 結婚式の定番ソングとして根強い人気があり、シチュエーションを問わず幅広いシーンで使用されています。また、この曲を使用してプロポーズをするYouTube動画が話題となったことから、挙式中にサプライズプロポーズをする際に用いられる人気のウェディングソングに。

2位には、昨年結婚した福山雅治のバラード「家族になろうよ」が急上昇。曲名通り、新郎から新婦、新郎新婦から両親へ、これから家族になるという決意を表す曲として、クライマックスのBGM、手紙、花束、記念品を贈る場面でよく使用されるそう。

順位に多少変動はあるものの、3位の「The Gift/Blue」をはじめ、「永遠/BENI」、「ひまわりの約束/秦基博」、「Happiness/シェネル」、「Wedding March -結婚行進曲/Q;indivi Starring Rin Oikawa」は、2015年に続きTOP10にランクイン。いずれも定番のウェディングソングになっていることがわかります。

※  2015年のランキングは2015年2月〜3月、2016年のランキングは2016年2月〜3月に調査。

また、初めてTOP10入りした、全世界から絶大な人気を誇るアメリカ出身のロックバンド・Maroon5の「Sugar」にも注目。一般人の結婚式にサプライズで登場し、ライブを披露するミュージックビデオが話題になったこともあり、「Sugar」は2016年のグラミー賞にもノミネート。パーティーにぴったりの明るい曲で、会場が祝福ムードに包まれること間違いなしの楽曲。「サビの部分が入場の扉オープンや乾杯に使いやすい」「テンポがよくゲストが手拍子しやすい曲」などの理由から支持を集めたよう。

10位には、嵐の最新ウェディングソング「愛を叫べ」が。これまでも「Love so sweet」や「One Love」など嵐のラブソングは結婚式での人気曲でしたが、結婚情報誌「ゼクシィ」のCMソングに起用されたこともあり、今回早速のTOP10入り。
「振り付けを真似して踊りやすい」「わかりやすい歌詞が結婚式にぴったり」のように、ここ数か月で既にゲストの余興の定番となっている様子。場を盛り上げるシーンにぴったりの楽曲と言えそうです。

どの楽曲も幸せな場面にぴったりのものばかり。自身の結婚式で流すも良し、恋愛気分を盛り上げるために聴きまくるのも良し! ぜひチェックしてみてくださいね♪

【参考】※ 株式会社テイクアンドキヴ・ニーズ