底まで見えて、出し入れしやすい「スラッシュドラム」を搭載

写真拡大

アクアは、洗濯槽を手前に傾けたスラッシュドラムを搭載した全自動洗濯機「SLASH(R)(スラッシュ) AQW‐LV800E」を、2016年6月15日に発売した。

底まで見えて、衣類などを出し入れしやすい「スラッシュドラム」を搭載。洗濯槽を手前に傾け、さらに操作パネルをサイドに配置することによって、底まで見える広々とした投入口デザインを施した。大きな洗濯物も出し入れしやすく、洗濯物の取り忘れも防げる。

また、「スラッシュドラム」によって洗濯槽内の布回りが改善し、モーターの負担を抑えて省エネを実現。少ない電力で効率よく洗濯ができる。

新たに開発した、抗菌の「スラッシュウイング」で、横水流に加えて縦水流を起こすことにより、布回りが改善して洗いムラや布傷み、布がらみを抑えてしっかり洗うことができる。

ふたを閉じた状態では、電源と「スタート/一時停止ボタン」の2つと、残時間表示のみが見える「シンプル操作パネル」をデザイン。いつもの洗濯なら「電源ボタン」を押して、「スタートボタン」を押すだけの2ステップの簡単操作で洗濯を開始。ふたを開けると衣類や好みに合わせて細かな設定ができる。

家庭での洗い方や衣類の汚れに合わせて、「標準節水コース」「標準やさしくコース」「標準おまかせコース」の3つのコースから選べるほか、糸くずやうっかり洗濯してしまったティッシュをしっかりキャッチする「衣類おそうじ」機能、天候や衣類に合わせて脱水力を調整できる「脱水仕上り」機能も搭載した。

洗濯・脱水容量は、8キログラム。

色は、シックなシャンパンシルバーと、アクティブでポップな印象のシャイニーレッドの2色。

オープン価格。