みなさん、お付き合いをする男性を見つけるときに相手の職業や年収は気になりますか?

「当然気になる!」というあなた。スペックが高い男性とのお付き合いには多くのデメリットが存在することをご存知ですか?

今回は、MBAを取得した後、外資系金融機関に勤務した経験を持つ筆者が、身近で実際に起こった例をご紹介しつつ、男性がスペックが高い場合に女性が苦労する点を5つご紹介します。

「スペックは高すぎないほうがいいのかもしれない……」と考え直すかもしれません。

 

■1: 要求が高すぎる

スペックの高い男性は、生まれも育ちも良いケースが多いです。その為、小さい頃からお母様にとっても可愛がられて育ったという場合がほとんど。

知人のトレーダー男性は、幼い頃から靴を購入する際は3つずつ母親が用意し、靴の裏に1から3まで番号が振られていたそうです。

彼がお気にいりの靴をいつも綺麗なまま履かせてあげたいがために、靴を毎日数字の順番に履き、汚くなって洗っている場合にも同じデザインの靴を履くことができるようにと母親が配慮したもの。

その彼は当然自分の妻への要求も高く、彼の妻は「彼の母親」、「彼の妻」、「彼の女」、そして「彼の子供の母親」と一人で何役も、そして完璧にこなさなければならないという事態に陥ってしまいました。

しかもなんと……彼には浮気ぐせがあり、妻の妊娠中に離婚してしまいました。

 

■2: 細かい

収入が高い男性は、基本的に数字に強い傾向があります。つまり、細かい。毎月クレジットカードの明細を一つずつチェック。不明な点があれば妻を詰問します。

知人女性は、通院でかかった費用も保険で補填されないものについては自分の貯金から支払いをしています。以前クレジットカードで支払った際にハイスペック夫から「勝手に使うな」とものすごい注意を受けたためです。

彼女は子育てをしながら契約社員をしており、給与はそれほど多くありません。その事実を知ってもなお、「自分のことは自分で面倒見るべき」という意識が夫には強く、話し合っても論破されてしまい結局状況は変わらずとのことです。

この考え方、外国人男性にも当てはまる場合が多いので、外国人男性が好きな女性は要注意です。

 

■3: いつも他の女と比べられる

スペックの高い男性は、基本的に結婚しても引き続きモテます。その為、結婚した後も常に自分磨きを怠れません。家でも化粧は当たり前。彼の出張の際は常に浮気を疑うという落ち着きのなさ。

また彼が昇格すると専属の秘書が付くようになり、これがまた厄介。良い企業の秘書は若くて美人なのが当然ですから、妻としては気が気じゃありません。

浮気されて離婚となったとしても、彼にとって数百万円の慰謝料など痛くも痒くもないのです。

 

■4: ケチ

スペックの高い男性と結婚したら自由にお金が使える……と思ったら大間違い!

多くの場合彼らはとてもケチ。苦労して稼いだお金を湯水のごとく妻に使われては困ると、給与やボーナスは妻に握らせません。中には「妻は自分の給与やボーナス金額を知らない」という場合も多数。

スペックの高い男性と結婚すると、家計はまず握られると考えて良いでしょう。とはいえ、彼らも妻を愛していますので、十分な生活費と素敵な住まいは享受できそうです。

 

■5: 損得勘定が得意すぎる

彼らはビジネス感覚に長けています。すなわち損得勘定が得意です。

お付き合いを始める際も「この子と付き合ったら自分にどんなメリットがあるだろう?」と考えるのは当たり前。結婚なんていったらもっともっとシビアです。

スペックの高い男性と結婚した友人は、「離婚時、養育費以外は一切請求しません」という誓約書を書かされ金庫に入れられたと嘆いていました。夫からは「君のこと愛しているけど、この誓約書は将来のリスクヘッジのために必要」と言い切ったそうです。

 

いかがでしたか? スペックが高い男性と結婚すると将来はバラ色と思いがちですが、あながちそうとも言い切れなさそうですね。

結婚して数年で浮気をされ離婚してしまったとしても、慰謝料は彼らにとって大した金額ではありません。その為、彼らは大して反省もしていないという場合があります。

素晴らしい条件の男性を探すより、自分を高めた方がより幸せになれそうな気もしますね。

 

【関連記事】

ギャップにドキッ…!? 「ハイスペック男子」が萌えまくる職業とは

※ 仕事中なのにぃ!キュン死したい女子に「社内恋愛の極意」体験

※ 「男の本能だから…」に返し手!浮気男に華麗なる鉄槌を下す方法

※ いやん!女性秘書が困った「ボスからのプライベートな依頼」9つ

※ 現代の嫁入り道具!? 脱・独女のために「持っていたらモテる」資格5つ

 

【姉妹サイト】

※ 4位小倉優子「実は頭いいでしょ」と思う女性お馬鹿タレントTOP3は

※ 私うかつだった…「今の幸せに気付かせてくれる」泣ける本3選

 

【画像】
Nejron Photo / Shutterstock