FPが教える「夫婦不仲を解消する」お金の管理方法のコツ2つ

写真拡大

夫婦間でのお金の使い方に悩むことはありませんか? 金銭感覚のズレが夫婦関係に大きな影響を及ぼすこともあるといいます。そして、最悪は離婚に至ってしまうことも……。

そこで今回は、夫婦問題・離婚カウンセラーの岡本直美さんの意見をもとにファイナンシャルプランナーである筆者が、家計の管理が招く離婚のリスクと不満の溜まらない家計管理のコツについてお伝えします。

 

■夫に不満が溜まる理由

妻が家計のやりくりを全てしている夫婦の場合、家計の内訳を把握していないために、夫は「自分が稼いだお金なのに自由に使えない」と思いがちです。それに加えて、毎月使いたい金額よりもお小遣いが少ないと不満が溜まるといいます。

夫にしてみたら、仕事をしていれば大変なこともたくさんあるし、当然、嫌な思いもたくさんしています。それなのに「このまま一生お小遣い制なのだろうか」と悩むこともあるようです。

一方、妻は貯金、保険など将来のために少しでも節約しようとする傾向があるそうです。節約するのはいいのですが、問題になってくるのは、夫の給料で生活費を全部賄っているケースです。この場合、妻の収入に関しては使い道が分からないため、夫は「自分には我慢を強いるのに、妻はお金を自由勝手に使っている」と思いがち……。

また、“臨時出費があった場合には真っ先に夫のお小遣いを減らすことが当然”という態度を妻がとっていると、さらに不仲の原因になるといいます。

 

■コツ1:お金の使い方を夫婦でじっくり話し合う

お金のことで険悪になるのは嫌だし、触れずにいた結果、どうしようもない状況になってしまうことも多くあるといいます。貯蓄を増やすことばかり考えて夫を“給与運搬係”として扱うような態度をとる妻に離婚を考える夫も少なくはないようです。

これからの人生を一緒に歩んでいきたいのなら、お金の使い方を夫婦で語り合うことは重要ですね。いつ頃にどのくらい必要なのかを夫婦で共有できれば、夫も節約に協力的になってくれるかもしれません。まずは家計にどのくらい必要なのか、貯蓄に回せる金額がいくらくらいなのか話し合ってみましょう。

お互いを労う気持ちが大切であるとともに、お金の使い方に関しては夫婦で話し合って決めることが必要ですね。夫婦としてどんな人生にしたいのか話し合うことをオススメします。

 

■コツ2:どちらも家計を把握することが大事

例えば、共働きの場合、夫婦の収入を一つの口座にまとめておき、家賃などの固定費、家族の生活に必要な食費などを支払うようにする。そして、その口座から、貯蓄へ回せる分、お互いのお小遣い、と振り分けるというのも一つの方法です。

家計の管理はどれが正解というものではありませんが、それぞれの家庭に合った方法を夫婦で話し合って決めることが必要になります。夫婦のどちらかが不満を持たないようにするためには、一方に負担がかかりすぎないこと、そしてどちらも家計を把握できていることが大切ですね。

 

以上、家計の管理が招く離婚のリスクと不満の溜まらない家計管理のコツについてお伝えしましたが、いかがでしたか? どちらか一方が家計を管理するのはいいのですが、風通しをよくしておくことが大切です。ぜひ、夫婦でお金の使い道を考えてみましょう。

(ライター 高瀬真澄)

 

【取材協力】

※ 岡本直美・・・社団法人日本離婚カウンセリング協会認定 離婚カウンセラー、メンタルケア学術協会認定、メンタルケア心理士R、JADPチャイルドカウンセラー。夫婦問題・離婚カウンセラーとして東京銀座カウンセリング「愛win」にて、夫婦の修復、離婚相談は勿論、結婚に関わる様々な問題(婚前カウンセリング・子育て、ママ友問題・嫁姑問題等)の相談を受けつけている。「泣いても1日 笑っても1日」悩み事は誰かに話す事で自分から離していきましよう。ブログにて活動更新中。

 

【関連記事】

※ 目的と目標の共有が大事!「共働き夫婦」の上手な節約術4つ

※ 服への出費に理解うすっ!「妻の金銭感覚」に対する夫の衝撃的すぎる本音

※ 「夫が結婚を後悔する妻の行動」1位金遣いが荒いと僅差の2位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 9割が効果を実感!辛い食事制限ナシの「青汁ダイエット」が話題

※ 要注意!今話題の「あのダイエット」であなたが痩せない理由

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

 

【姉妹サイト】

※ 自分から進んで宿題できる!難なく子どもに「宿題をさせる方法」4つ

※ あー大嫌い!「姑のムカつく行動」2位子育てにダメ出し、1位は

 

【画像】

※ sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)