メルセデスに代表されるプレミアムブランドを展開するダイムラーが「TecDay」と名付けた技術発表会をドイツにて開催しました。

次世代に向けて、様々なテクノロジーが発表された中に、電気自動車やプラグインハイブリッドなどの利便性を上げるアイデアがありました。

1

それが「非接触充電」です。駐車場の床面と車両側それぞれにコイルを配置することで実現するダイムラーの非接触充電は、最大3.6kWの出力が可能で、伝送効率は約90%といいます。

非接触充電自体は他メーカーも実験・デモンストレーションをしていますが、2017年にSクラスのプラグインハイブリッド車にオプション設定するというロードマップを描いていることが、ダイムラーの先進性です。

非接触充電システムが現実となれば、駐車場に止めるたびに充電プラグを車両に接続するといった手間がなくなるため、充電を忘れてしまうことも減り、ユーザーは意識することなくプラグインハイブリッドであるメリットを享受できるというわけです。

(山本晋也)

プラグイン車両の利便性を高めるメルセデスのワイヤレス充電(http://clicccar.com/2016/06/20/379737/)