四川大学華西第二病院生殖医学センターを訪問し、「試験管ベビー」誕生の全過程を取材した。同センターは中国南西部最大の「試験管ベビー」センターで、毎年約3000の新たな命が「誕生」している。

写真拡大

四川大学華西第二病院生殖医学センターを訪問し、「試験管ベビー」誕生の全過程を取材した。同センターは中国南西部最大の「試験管ベビー」センターで、毎年約3000の新たな命が「誕生」している。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

「試験管ベビー」は、排卵促進治療、卵子摘出、体外受精、胚培養、胚移植、黄体サポートなどの過程を踏まえる。二人っ子政策の開放により、「試験管ベビー」が不妊症に悩む人や高齢の人から注目されている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)