チェッカーを受けるまで、レースは何が起きてもおかしくないといいますが、快調に走っていたトヨタ5号車がトヨタピット前ストレートでストップしてしまいました。

1

その後、周回遅れに次々と抜かれ、2位のポルシェ2号車にも置いていかれます。

ストレートエンド方向へ数百m走ったと思ったらまたストップ、5ラップ差のトヨタ6号車にも置いていかれます。

再びのろのろと走り出した後に、現地時間の午後3時を過ぎ、2番手であったポルシェ2号車がチェッカーを受けました。

なんということでしょう。中嶋一貴選手ドライブの5号車はやっとのことでゴールラインまでたどり着きましたが、総合45位。2位は繰り上がってトヨタ6号車となりました。

原因や経過についてはまだわかりません。結果もまだ確定ではありませんが、ゴール時点では以下のようになっています。

LMP1-H
順位/No./チーム/車名/タイム差
1/#2/Porsche Team/Porsche 919 Hybrid/
2/#6/Toyota Gazoo Racing/-Toyota TS050-Hybrid/3ラップ
3/#8/Audi Sport Team Joest/Audi R18/12ラップ
4/#7/Audi Sport Team Joest/Audi R18/17ラップ
13/#1/Porsche Team/Porsche 919 Hybrid/38ラップ
45/#5/Toyota Gazoo Racing/Toyota TS050-Hybrid/

(clicccar編集長 小林 和久)

2016ル・マン24、まさかのゴール5分前でトップのトヨタ5号車止まる! ポルシェ優勝、トヨタは6号車が2位に(http://clicccar.com/2016/06/19/380333/)