ソフトバンク 1兆円資金調達の使い道は、新たな大型買収に向けた準備か

ざっくり言うと

  • ソフトバンクグループが保有する株式の売却方針を相次いで打ち出している
  • 資金調達額は1兆円を超える見通しで、市場ではその使い道に関心が集まる
  • 「財務体質の強化」と説明するが、新たな大型買収に向けた準備との見方も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング