【アロマ占星術】6月21日、太陽が蟹座へ 引きこもりたくなる気持ちをアロマでサポート!

写真拡大

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは占星術と密接に結びついた側面を持っています。古来、占星術は、医学や農業と深く関わってきました。現代を生きる私たちも、この古代の叡智を使って心地よいセルフケアをしてみませんか?

■太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ、毎月20日頃に星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間エネルギーが活性化し、世の中の雰囲気や仕事の状況、ひいては人々の心身に影響を与えます。

 6月21日、双子座にいる太陽が「蟹座」に移動します。その後7月22日までは、蟹座の影響を大きく受けることになります。蟹座に太陽が滞在している時期に起こりがちなメンタル症状にフォーカスし、星との関連植物から、それを癒やしてくれるアロマをご紹介します。

■蟹座太陽期の特徴
【今回の太陽の位置】蟹座(水のエレメント)
【期間】6月21日〜7月22日
【起こりやすいメンタル症状】過去の思い出にひたってメランコリックになる、引きこもりがちになる

 蟹座は愛情が豊かで、何かを守ったり育てたりする適性がある星座。身近な友人や家族を大切にし、情緒性や共感能力が高いという特徴があります。家や慣れた居場所を好み、おだやかな日々を過ごそうとする平和主義者です。

 そのため、蟹座太陽期のエネルギーが強く働くと、家が大好きになるあまり、人見知りになったり、引きこもりになったりしがち。また、家族や親しい人との思い出にひたりすぎて、現実世界を生きる前向きなパワーを失ったりします。

 そうした蟹座太陽期のエネルギーが悪く出てしまわないよう、アロマでサポートしていきましょう!

■エレメント別のオススメアロマ

 蟹座的なメンタル症状が悪く働きそうなエレメントには、情緒を安定させるアロマを、逆に蟹座的特徴を手に入れたいエレメントは、そのエネルギーになじみやすくなる和み系アロマを使うのがオススメ。エレメント別にサポートアロマをご紹介します!

・牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……ベルガモット
 火のエレメントの人にとって、蟹座太陽期は、まさに火が湿気でくすぶっているような気分になります。まわりにも感情的にウェットな状態の人が増えるので、物ごとの進行が停滞し、ますます不完全燃焼状態に陥りそう。そんな時は、太陽のパワーを持つオイル「ベルガモット」を使って、ハッピーな気分になりましょう! 火の星座の情熱や行動力が復活して、蟹座太陽期のおだやかで家庭的なエネルギーを前向きに使っていけるようになるはずです。

・牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……レモン
 蟹座の保守的なエネルギーとは馴染みやすい地のエレメントの人たち。そのため、メランコリックな状態にもなりやすく、行動力や集中力がダウンしそうです。特に、新たな物ごとや変化などに対しては、もともとの慎重な性質も手伝って拒絶したい心境にさえなってしまいそう。蟹座の守護星である月が支配するオイル、「レモン」を使ってみましょう。レモンはリフレッシュ効果や集中力を高める効果があり、沈んだ状態の心身をシャッキリと前向きにさせてくれます。

・双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……タンジェリン
 ウェットな気分が苦手な風の人たちにとって、蟹座太陽期のエネルギーは重ためな雰囲気に感じます。まわりの人の親切や心配も、まるで自分の周囲が埋め立てられていくかのような、風通しの悪い息苦しいイメージに置き換えられてしまいそう。そんなこの時期は、開放的でおだやかな気持ちになれる「タンジェリン」を使ってみましょう。おせっかいと思えるような人情に対しても、案外いいかもしれない、と馴染んでいくことができるはずです。

・蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……カモミール
 まさに水のエレメントの特徴である「情緒や共感性」を象徴する蟹座太陽期は、なじみやすいエネルギー。でも、月を守護星に持つ蟹座のパワーは、かなり感情を揺れやすくします。この時期は、蟹座の象徴オイルである「カモミール」を使ってみましょう。不安やメランコリックな気持ちを落ち着かせ、敏感な感受性が抱きがちなストレスを軽くしてくれるはず。感情が落ち着くことで、蟹座太陽期本来の人情味あふれた優しさを生かしていけるようになります。

 蟹座のエネルギーが働きはじめる季節は、奇しくも梅雨時。ただでさえメランコリックな気持ちになりやすく、引きこもってしまいがちですね。アロマでリフレッシュして、梅雨時も元気に過ごしていきましょう!
(永沢蜜羽)