おめでとう、きいたろう懐かしい写真たち【逗子猫日記】

写真拡大 (全5枚)

今週はわりとのんびり。前に書いたスモールハウスの続きの撮影が雨で延期になったり、梅雨はこんなことも多いけど、まあしょうがない。三浦の仕事に続いて、今度は横須賀が本社の企業との仕事が来月から始まる。少しずつだが、こちらでの仕事も増えてきて嬉しい。
16日がきいたろうの誕生日だったので、小さい頃のきいたろうの写真を探したら、懐かしい写真がたくさん出てきた。
きいたろうの他に生まれた兄妹は友人が里親になってくれたりして、きいたろうだけが我が家に残ることになった。写真は目が空いた頃で1ヶ月半くらいかな? 残念ではあったけど死産だった子もいて、初産で7匹産んだ母猫きいはさすがにぐったり。
当時住んでた世田谷のマンションのベランダにて。
いきなりこんなことになってしまったので、みくは何が何だかわからない様子で親子を見つめていた。こんな状況だったので、この頃から家を探しだして4ヶ月後には逗子に引っ越しとなる。
きいたろうは、今では我が家で一番大雑把でやんちゃだけど、怒ったり相手を威嚇することを一度も見たことがない。
誕生日のプレゼントには何よりも一番好きなビニール袋を丸めたものを部屋の中で投げて遊んであげると、何度もガラス戸に激突しながら追いかける。その単純というか純粋なところは、同じ男としては見習いたい。
今日の逗子猫 #27 きいたろう(子猫時代)

これまでの「逗子猫日記」>>
有高さんちの猫たちのプロフィール>>
#何だかみくが妙にデレデレ
#あの黒ぶちが部屋に侵入してきた
#ニャンコたちも夏毛に変わっていく
#若冲展ちょっと混みすぎ、きいの顔のような心境に
#背中に視線を感じたので振り返ると

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。