英国の有名グルメ雑誌「レストラン」が13日、2016年の「世界のレストラン・ベスト50」ランキングを発表。イタリアの「オステリア・フランチェスカ」が伝統的なイタリア料理と斬新な調理法でトップ1に輝いた。

写真拡大

英国の有名グルメ雑誌「レストラン」が13日、2016年の「世界のレストラン・ベスト50」ランキングを発表。イタリアの「オステリア・フランチェスカ」が伝統的なイタリア料理と斬新な調理法でトップ1に輝いた。新華社が伝えた。

「世界のレストラン・ベスト50」審査はこれまで15年の歴史があり、世界各地から972人のシェフ、飲食業経営者、料理評論家、有名な食通で構成された審査員が投票によりレストランを選び、飲食業界に多大な権威と影響力を持っている。

ランクインしたレストランの詳細をみると、「世界のレストラン・ベスト50」の半数以上がヨーロッパで、米国から6店、南米から6店、アジアから7店がランクインしている。アジアでランクインしたレストランは中国が2店(上海のウルトラバイオレットと香港のアンバー)、日本が2店、タイが2店、シンガポールが1店だった。

●「世界のレストラン・ベスト50」のトップ10

1 オステリア・フランチェスカ(イタリア、モデナ)
2 エルツェラー・デ・カン・ロカ(スペイン、ヘレナ)
3 イレブン・マディソン・パーク(米国、ニューヨーク)
4 セントラル(ペルー・リマ)
5 ノーマ(デンマーク・コペンハーゲン)
6 ミラジュール(フランス、マントン)
7 ムガリーツ(スペインサンセバスチャン)
8 NARISAWA(ナリサワ)(日本、東京)
9 シュタイラレック(オーストリア、ウィーン)
10 アサドーレ・チェバーリ(スペイン、アシュペ)
(提供/人民網日本語版・編集JK)