6月18日(日)

Bonjour! 決勝日、せっかく憧れのル・マンにやって来たのでホテルに帰らず夜のサーキットをおもいっきり楽しんできました! ル・マンならではの夜の様子をお届けします!!

1

まずは夜のマシン走行を見に行ってみましょう!

 

こちらは、ユノディエールの第一シケインです。シケインを抜けストレートに戻るのですが、どこまでも続く長いストレートを走るマシンの後姿に見とれてしまいました。また、マシンがすぐ横を駆け抜けて行くので迫力満点! ブレーキング時に、ブレーキが赤くなるのはル・マンの伝統。けど、ハイブリッド車ではブレーキの負担が少ないので赤くなりません。少し寂しい気もしますが、それだけ無駄なエネルギーがないってことですね。

 

続いてはミュルサンヌから先の2連続直角コーナーの1つめ、インディアナポリス・コーナーに行ってきました。周辺の林の中ではテントをたてている人がたくさん。テントというよりは、もはやお家レベル(?)の立派なところもありました。

 

ポルシェ・カーブにも行ってみました! ポルシェ・カーブとだけあり(!?)ポルシェのマシンが展示してあるおしゃれなテラスがありました。ここは少し高い場所からコースを見る事ができるので、折りたたみ椅子に座って見ている人がほとんどでしたよ。

 

各コーナー、周辺にはもちろん街灯もなく本当に真っ暗! コース上もほんのり明るい程度です。でも、マシンのライトが想像以上に明るく、暗闇から見えるライトは幻想的でした。これぞル・マンの醍醐味ではないでしょうか。また、出走台数が多いからだとは思いますが、常にマシンが目の前を駆け抜けていくのも最高です!

 

サルトサーキットの夜は眠りません!サーキット内で一番目立っているであろう、観覧車。昔ながらのレトロな風貌です。乗車券は8ユーロと少しお高め(?)ですが、乗ってみました!

  

この観覧車をアマく見てはいけません。高さはそれほど高くないのですが、周りが囲われていなんです! しかも入口の柵にはロックらしきものもナシ・・・。それだけでも回り始める前から怖く感じました。

そして、回転スピードが観覧車と思えないくらい速いんです! このスピードの中、どうやって乗るの?と心配していたのですが、ちゃんと止まってくれました。日本の観覧車はゆっくり回りながら、でも止まっていないゴンドラに乗ると思いますが、こちらでは静止してから乗ります。良かった!

観覧車から見るサーキットは走行中のマシンも見え、どこの夜景を見るよりも最高でした! また、サーキットの奥まで見えるのでサーキットの大きさを実感できるんです。ル・マンに訪れたらぜひ乗ってみてくださいね。

  

観覧車以外にも、おもしろいゲームがたくさんありました。どれもレトロで可愛い! お客さんもゲームで大盛り上がりです。レース以外も全部ひっくるめて楽しんでいるのが伝わってきました。あまりにも楽しそうで見ているこちらまで笑顔になってしまいました。

 

コースサイドからも自由に見る事ができます。建物の上では、小さなバーがあり音楽も流れていておしゃれな雰囲気! ただレースを見るだけでなく、お酒を飲んで音楽を聞きながらというスタイルも良いですよね。ここはわりと若者のお客さんが多めでした。

ル・マンはお祭りだよ!とよく聞いていましたが、一晩中お店が空いていてお客さんもテンションが高めで、本当にお祭りのようでした! この雰囲気は昔からずっと受け継がれてきたのでしょうね。伝統的なレースだからこそ楽しめる、そんなル・マンの夜を満喫できて幸せです!

 

さぁ、レース時間は残り約3時間。日本のトヨタが1位と3位をキープしています。このままチェッカーフラッグが振られるまで、頑張って走り続けてほしいです!

(文:yuri/写真:clicccar編集長小林和久)

【Bonjour!ルマン女子vol.12】オトナの夜遊び! ル・マン24、夜の楽しみ方は?(http://clicccar.com/2016/06/19/379936/)