掃除のプロ直伝!梅雨時でも家中ピカピカになる掃除のコツ5つ

写真拡大

いつお邪魔しても綺麗に掃除さてれいるお家って素敵ですよね? でも、忙しい主婦としては、掃除だけをしているわけにもいかず、また子どもや家族がいると掃除をしてもすぐに汚されてしまうので綺麗をキープするのは至難のワザ。

梅雨を迎えた今、家の中が汚いとホコリやバイキンなど、健康被害にも影響を及ぼす可能性があります。もちろん、お掃除のプロを雇うことができれば良いけれど、そんなセレブのような生活は夢のまた夢、という人が多いのではないでしょうか?

しかし、掃除のプロを雇うことはできなくても彼らのテクニックを真似することができたら、私たちにも綺麗をキープすることができるかもしれません。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『GOOD HOUSEKEEPING』などの記事を参考に、“掃除のプロ直伝のちょっとした掃除のコツ”5つをご紹介します。

 

■1:お風呂の壁の水滴を拭き取る

お風呂から上がるまえに浴室の壁の水滴を拭き取っておきましょう。

こうすることでカビの発生を防ぐことができ、毎日たわしでごしごしとお風呂掃除をしなくてもお風呂はいつも綺麗なままです。

これ本当にちょっとしたことですが、意外に効果があります。特に梅雨時は効果抜群ですよ。

 

■2:玄関マットやラグにこそ掃除機をかける

空気中のホコリや汚れを、それ以上家の中に広げないようにするために、毎回マットやラグだけは掃除機をかけて綺麗にしておくべきなのです。

もしかしたら、床や畳は綺麗にしているけど……という人がいるかもしれません。しかし、マットやラグにも気を配りましょう!

 

■3:洗面所のシンクをこまめに掃除する

ここは、できれば毎日掃除したほうが良い場所です。

そうしないと、あっという間に水垢や歯磨き粉、石鹸、化粧品などで汚れてしまいます。毎日とはいえ、軽く擦る程度で良いので、気付いた時にさっと掃除するようにしましょう。

水周りを綺麗に保つことは、家全体のイメージをアップさせます。

 

■4:2分ルールを守る

後でやろうと思っても、忘れてしまって意外とできないもの。そういう小さなタスクの蓄積がのちに自分を苦しめることになってしまいます。

汚れに気付いた時、それが2分以内でできそうならば、その場で綺麗にしてしまいましょう。特にガス台の汚れは、料理の後すぐに落としてしまったほうが掃除が楽です。

 

■5:掃除道具は一箇所にまとめない

例えば玄関、キッチン、洗面所など、家のあちこちに雑巾やミニほうき、モップなどを置いておきましょう。

そうすると、汚れに気付いた時や、使用後汚れを発見した時にささっと拭くことができて便利です。上の2分ルールを効率良くするためにもこの方法も取り入れてみてください。

 

以上、“掃除のプロ直伝のちょっとした掃除のコツ”をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ポイントを押さえてストレスなく家の掃除ができれば、浮いた時間で好きなこともできるし、子どもとの時間も増えて良いですよね。

梅雨時は特に、上述事項を実践してみてください。気持ちよく過ごせるはずです!

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ イヤ〜な生ごみの臭いもカット!梅雨時でも台所をキレイに保つ掃除術

※ カビや水垢まで!重曹やクエン酸を使った「お風呂掃除術」

※ お宅は毎日してる?ちょっと気になる各家庭の「トイレ掃除」事情

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ 99%が満足!? 最新「シミケア」が医療レベルと評価される訳

※ 日焼け止めだけじゃダメ!『メディパラソル』で内側から紫外線をケア

 

【姉妹サイト】

※ 店員を呼ぶのはマナー違反!? 「日本人がやりがち」海外で嫌われるNG行動

※ え…レンジを使うとドンドン老化する!? シワたるみが加速する意外なワケ

 

【参考】

※ 8 Things Pro Cleaners Do in Their Homes Every Day - GOOD HOUSEKEEPING

 

【画像】

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)