斎藤工も足繁く通う…いま「東京の公衆浴場」が面白い!

写真拡大

 安くても風呂つき物件があたりまえになってきている平成において、「公衆浴場」はもう昭和の遺産‥‥と思いきや、実は最近の公衆浴場はその昭和レトロ感で再び注目を浴びていたり、工夫をこらしたサービスで遠方からわざわざ足を運ぶ人がいたりと、都会の癒しスポットとして人気を集め続けています。

 イケメン俳優・斎藤工もそんな銭湯に魅せられたひとり。6月5日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ)でも、今だ銭湯によく行くうえ、銭湯情報が載ったフリーペーパーもよく見ているというエピソードを告白。番組では「銭湯の値段はどこでも一律に460円」というマメ知識を披露しつつ、KinKi Kidsの2人と銭湯を訪問していました。

 ちなみにそこで披露された話のひとつに、銭湯の思い出として「父親から、熱いお湯と冷水を交互にかけて“ムスコ”を鍛えろと教えられた」というものが。効果を感じることはあるかと尋ねられると「時折」と応えた斎藤さん、思わず妄想が膨らんだ女子も少なくなかったのでは?

 そこで今回は、都内のオススメ銭湯を紹介。いずれも価格は大人460円、ワンコインで満喫できる名湯ですよ!

■武蔵小山温泉「清水湯」

http://www.shimizuyu.com/

お肌すべすべ効果のある「黒湯温泉」と「黄金の湯」の2つの天然温泉が湧き、内風呂と露天風呂を備えた銭湯。御影石の内風呂はハイパージェットバス、電気風呂、ジャグジーが併設され、露天風呂からは星空をゆったり眺められる、まさに都会のオアシス!

■東上野「寿湯」

http://www7.plala.or.jp/iiyudana/index.html

外観も、内湯の背景画も昔ながらのザ・銭湯。だがこちらも露天風呂のほか、寝風呂、超音波、ボディマッサージ風呂が楽しめる白湯に、薬湯、水風呂、サウナ(別料金)を備える充実ぶり。さらに普通は自分で持ち込まなければならないシャンプーやボディーソープ、化粧水・乳液も無料で使えるのが嬉しい。

■昭和浴場

http://www.tajimagic.com/showa/

こちらは中野区にある銭湯。なんといっても特徴はマジックショーが見られるというところ。オーナーがマジシャンのタジマジックさんということで、番台にオーナーが座る日はマジックを楽しむことができます。お風呂のほうは、お肌に優しい備長炭風呂になっており、座風呂や泡風呂、電気風呂、井戸水風呂など豊富に楽しめる。さらに休憩スペースにはマンガが約500冊。ちょっと息抜きしたい日には、ぜひ訪れてみたいですね。

■光明泉

http://kohmeisen.com/index.php

オシャレエリア・中目黒にある銭湯だけあって、2014年に改装されたこちらは白を基調にした清潔感のある内装。屋上には木のぬくもりのある露天風呂が備えられ、まるで高級旅館のよう。内風呂の高濃度炭酸泉はややぬるめのお湯で、日々の疲れをじんわり癒すのに最適。

■新生湯

http://www.shinseiyu.jp/

品川区旗の台にある銭湯で、高濃度炭酸泉、ヒップアップエステ風呂、ボディマッサージ風呂、流水歩行プール、露天岩風呂、洞くつ風呂、フットマッサージ風呂など、とにかく豊富な入浴コーナーがあるのが特徴。テレビを備えた遠赤外線コンフォート岩塩サウナ(別料金)があるのも嬉しい。

 東京都の場合、東京都浴場組合に加盟する銭湯は約880軒。ほかにもオシャレ銭湯や露天風呂が楽しめる銭湯、昭和ノスタルジーを味わえる銭湯がたくさんあるので、近くを探してみても面白いかも。

 また、同組合では「銭湯お遍路」を実施しており、銭湯に入浴すると「巡礼スタンプノート」を押してもらえます。スタンプを貯めれば認定証や景品がもらえるシステムになっているので、銭湯好きはぜひ挑戦してみてください。