<ニチレイレディス 最終日◇19日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,569ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー『ニチレイレディス』の最終日。単独首位からスタートし、史上初となるアマチュア2勝目を狙った勝みなみ。だが3連覇を狙う申ジエ(韓国)に逆転を許し、2位フィニッシュで涙の敗戦となった。
この大会をライブフォトの写真で振り返る
 
 ローアマチュアとして表彰式に登場するが、悔しさから涙をこられることができなかった勝。ジエ、ペ・ヒギョン(韓国)と最終組で回った勝は立ち上がりの1番でバーディ発進となったものの、「優勝という2文字が先走り、体がついていかなくて…。ショットがブレて最後まで苦しかった」と前半から思うようなプレーが出来なかった。
 キーポイントとなったのは5番。勝の3打目はバンカーショットで、ジエが先に3打目の10ヤードの打つ状況。ジエがチップインバーディを奪取したのに対し、自身はサンドセーブできず。1打差に縮まり、6番でジエが連続バーディとすると、勝は連続ボギーとなり、立場が逆転した。続く7番も悪い流れを変えられず3連続ボギー。そして9番でも落としてトータル7アンダーとなってしまう。
 普通のアマチュアならずるずると崩れていくが、勝は後半から気持ち入れ直した。「3つボギーが来たときは“またボギーかぁ”という気持ちになりましたが、ギャラリーのみなさんが声をかけてくれたことで後半は2アンダーで回ることができました」と10番、11番の連続バーディを見せると14番で1つ落とすが「絶対に獲りたかった」という最終18番をバーディで締め、トータル9アンダー単独2位に順位を上げた。
 優勝でのプロ転向、そして今季残り全試合出場という青写真。「できるだけ早くプロになりたい。今回はチャンスかなって」と現時点での最速ルートは叶わなかった。だが2年前にプロ転向していれば…という後悔の気持ちは沸いてこない。「(初優勝の4か月後)日本ジュニアに勝ったあとに“次勝てたらプロになろう”と。今は転向しなくて良かったと思う。日本女子アマのタイトルも獲れたし、史上初のアマチュア2勝目のチャンスもあるので」。
 2年前は無我夢中で戦ったなかで訪れた優勝。今回は首位を守る形で最終日を迎え、並々ならぬ気持ちで挑んでくる“元世界ランク1位”を迎え撃つ状況。しかも大勢のギャラリー、メディアからの史上初の記録達成への期待を背負っての戦いだった。誰も経験したことがない緊張感は、15歳でプロ転向しなかったことで得られた経験だ。
 次戦は『サマンサタバサ ガールズコレクションレディス』に出場予定。「出場できる試合は出たい。(そうすれば)もしからしたら優勝できるかもしれない」。勝の記録への挑戦はまだ終わっていない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>