18日、韓国の人気グループJYJメンバーで俳優のユチョンが女性暴行容疑で告訴された騒動が、過去に複数女性への性的暴行で話題になった富豪御曹司のようだとして、台湾のネット上では「韓国版ジャスティン・リー」などと言われている。写真はユチョン。

写真拡大

2016年6月18日、韓国の人気グループJYJメンバーで俳優のユチョンが女性暴行容疑で告訴された騒動が、過去に複数女性への性的暴行で話題になった富豪御曹司のようだとして、台湾のネット上では「韓国版ジャスティン・リー」などと言われている。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

JYJのユチョンにこのほど、女性への暴行疑惑が浮上。被害を訴える女性の数は雪だるま式に増え、いずれも「トイレで性的暴行を受けた」と語っていることも話題だ。台湾でもかつて所属していたユニット時代から人気の高いユチョンだけに、この騒動が連日芸能トップニュースとして報道されている。

台湾では4年前、大手金融グループの元代表の息子で、富豪御曹司のジャスティン・リー(李宗瑞)による女性暴行事件が世間を震撼させた。女性タレントを含む複数の女性に睡眠薬を飲ませるなどして暴行を加え、さらにその様子をビデオ撮影していたもの。今回、複数女性から暴行被害を訴えられているユチョンだけに、早速ネット上では「韓国版ジャスティン・リー」という不名誉な名前がつけられている。(翻訳・編集/Mathilda)