婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上。今回の男性は相談所を通じてお見合いをした44人目の男性。沖縄出身の28歳、飲食店勤務のNさんでした。

沖縄料理店での2回目のデート。またしても彼は遅刻をしてきて私はちょっとイラっとしてしまったのですが、彼はひと言謝ると何事もなかったように料理を注文し始めました。

※これまでの内容はこちら

しかも一応デートなのに途中で料理や地元の話で店長と盛り上がってしまい、私はかなり蚊帳の外状態。最初はなんなの〜って思ったのですが、とってもイキイキした彼の姿を見たら、責めることもできず……。

「まゆ子さん、本当に沖縄はいいところなんですよ! 空気もいいし、人もいいし……ああ、本当にオレは沖縄が好きなんだな〜」

彼の地元愛は半端なく、すぐにでも帰りたい雰囲気でした。

「そんなに沖縄が好きなら、なぜこちらに来たの? しかも結婚相談所に登録だなんて、なんだか柄じゃない気がするけど……」

「結婚は親がね! 東京で最低でも5年くらいは飲食や経営の勉強をして、できれば嫁さん連れて帰ってこいっていうから。友人も少ないし、出会いもなかなかないと思っていたら、友人にいっしょに登録してみようと言われて……。でもまゆ子さんだってモテそうだし、登録しなくても出会い多そうだけどなぜ?」

「私もこの年齢になるとなかなか出会いがなくて。Nさんの年齢だったら出会い多そうだけど、私5歳も年上だから……親にも急かされているしね」と私が答えると、「結婚したいと思ったときが結婚適齢期だから、女性でも全然遅くないと思うけど!」と彼。何ともありがたいお言葉ではあるけど、楽観的過ぎ!? これぞ「なんくるないさー精神」なのでしょうか(笑)。

料理はすべておいしく、彼のセレクトは絶妙でした。特に「ぐるくん」や「もずくの天ぷら」は絶品。お酒の強い彼に合わせてがんばって飲んでいたらかなり酔ってしまったのです。

2回目のデートで酔いすぎだなんてかなり反省。途中トイレに退出させてもらい、少し休憩してお化粧直しをし、落ち着くまで5分くらいひと休み。ゆっくりしすぎたから彼が心配しているかな? と思って急いで席に戻ると……

「ははは! それ最高!! でもさ〜……」と、おそらく沖縄出身の他のお客さんと相当話が盛り上がっているみたい。私が席に戻っても、私の心配をすることなく、その人たちと大笑いしているのです。

その姿を見て、酔いが一気に冷めました。彼、全く私の心配なんてしていない。けっこう酔っぱらってしまって気持ちが悪いくらいなんだけど……しかも私と話しているより、同郷の他人との会話の方が楽しそう……。

「私、ちょっと飲みすぎちゃったから、今日はそろそろ帰りたいんだけど……」と彼に伝えると、「そっか、沖縄のお酒は強いからね〜。無理せず今日はお開きにしようか!」と彼。そして耳を疑うようなこんなことまで言ってきたのです。

結婚すれば沖縄妻になれるのだが……。

「オレはさ、もう少しこのお店にいたいからから、ここで解散でいいかな?」

え?? 体調悪いって言っているのに、まさかお店でバイバイ?? 

「う、うん……、ではまたね!」

私はあまりにあっけない彼の対応に唖然。。もう手を振るしかできませんでした。

そして「ああ〜もう彼とはないな……」と心に誓い、家に帰ったのです。

でも家に帰ると「今日は無事に帰れたかな? あの後、あの店の看板メニューをチェックしてからすぐに帰りました。デートが市場調査になってしまってゴメンね! またよければ会ってください」とメールがきたのです。

もう彼はない! と思ったのに、なぜかこのメールを見て、もう一度だけ会ってみてもいいかな? という気になりました。私って単純なんでしょうか……いや、優しさに飢えているので、ちょっと優しくされるとコロッと言ってしまうのかも(笑)。とりあえず沖縄での生活が諦めきれなかったことは確かです。

そして3回目のデートは映画に行くことにしました。遅刻グセが気になったので、「今回は映画の時間があるから遅れないでね!」と念を押すと、「わかったよ。もし遅れる時は連絡しま〜す」と彼。

そしてデート当日、私はどちらかと言えばいつも待ち合わせには時間より早めに着くタイプでしたが、今回は時間ぴったりに到着。するとイヤな予感。メールが届いたのです。

「遅刻しないって言っていたのにごめんなさい。アラームが鳴らずに今起きちゃった……。10分で家を出るけど、40分くらい遅れそうです」だって(苦笑)。

長い付き合いのカップルなら怒ることもできるかもしれませんが、まだ付き合ってもいない関係。なんでも言い合えるほどの関係ではありません。でも正直もうテンションがだだ下がり。

一応、彼を待つには待つけど、さっさと映画を観て帰ろう! そう決意したのです。

「ごめんごめん、今回は本気で怒っちゃった?? いや〜アラームなんで鳴らなかったんだろう。すごく楽しみだったから前日に服とかを準備しておいたおかげで、すぐに家を出れてよかったよ! 何も食べずに来たからお腹すいちゃった〜(笑)」

「すごく楽しみにしていたから…」って、彼ってズルい。年下の特権か!? また怒る気がなくなってしまったわ……。

とりあえず、私が時間をつぶしていたカフェで彼は軽くサンドイッチとコーヒーを食べ、約束の映画へ。

映画はずっと観たかった映画だったので楽しかったのですが、彼は途中で寝ていたみたい。その後ランチをしようと思ったら「まだお腹空いていないからちょっとブラブラしない?」と彼。完全にペースがずれてしまって……。

遅いランチが済んだらもう16時ごろ。なんだかダラダラの1日になってしまい……「この後どうする?」となった時、迷わず帰りたいと思ってしまった私。もう沖縄に移住する夢も持てず……。

「ごめんなさい。今日はちょっと疲れたからもう帰るね!」

そして帰宅後、彼にはお断りのメールを送ったのです。

ここで教訓! >> 生活のリズムや習慣は大切。特に時間の使い方は結婚生活にも響くはず!

やっぱり彼のペースには付き合えなかった! 沖縄で彼と過ごすのんびりライフという選択肢もあったのかもしれません。でも彼が年下だったこともあり、たった3回のデートでも自分がかなり無理をしていました。結婚するならやっぱり素を出せる人でないと厳しいですよね。

5歳も年下くんに誘われる経験なんてそうそうないので、またしてもチャンスを逃したのですが、やっぱり人生は「なんくるないさ〜」ってわけにはいきませんよね。

■プロフィール

 まゆ子

PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身。
見た目は目鼻立ちくっきりの美人で北川景子似。(良く言えば)
神奈川県にある私立女子高校を卒業後、都内の有名女子大を卒業。
婚活歴6年。出会った男性は100人以上!
ちなみに趣味は最近始めたヨガ。特技はピアノと人間観察。
ファッションは大人かわいい系。メイクはナチュラル。ヘアスタイルはボブ。身長は155僉

<男性のタイプ>
男性のタイプは、そこそこの大学を出て、そこそこの一般的な企業に勤めていればOK。
年齢は40歳以下の未婚を希望。オシャレに越したことはないけど、普通のセンスならいいかな。
理想を言えば、相手に尊敬する部分があり、自分をリードしてくれる人。身長は170儖幣紊蚤世辰討覆た諭