16日、中国山西省大同市でこのほど、白昼堂々刃物を持った男が強盗を働こうとしたが、通行人が力を合わせ取り押さえた。その様子を記録した動画が話題になっている。

写真拡大

2016年6月16日、中国山西省大同市でこのほど、白昼堂々刃物を持った男が強盗を働こうとしたが、通行人が力を合わせ取り押さえた。その様子を記録した動画が話題になっている。

動画は13日にネットに公開され、マスクを着用し刃物を持った男が女性を道路に倒し襲いかかる様子が確認できる。女性は男の手をつかんでおり、「手を放せ」と怒鳴る男に対し女性は「刺さないで」と叫んでいた。

その後、異常に気が付いた通行人数人が男を取り押さえ近くの交番まで連行した。現地警察によると、男は2014年に薬物使用の前科があり、6月13日の昼ごろ1人で歩いていた女性に狙いを定め金品を奪い取ろうとした。ネットでは男を取り押さえた通行人をたたえる声が殺到した一方、撮影者が助けに入らず動画を撮り続けていたことを批判する声も聞かれている。(翻訳・編集/内山)