東京・青海にBMW&MINIの国内最大拠点「BMW GROUP TOKYO BAY」がオープン。今年7月8日のグランドオープンに先がけて、一足お先に行ってきました!

1

このスペースはこれまでも特設会場を作り、自動車メーカーのイベント等が行われていたり、お台場で撮影があるときにはこの前を通るので馴染みがある場所。通るたびにでき上がっていく巨大な建物を、楽しみにしていました。

敷地面積はなんと2万7000屐その中にBMWのすべてのラインアップ「BMW」はもちろん、BMWのハイパフォーマンスモデル「BMW M」、次世代のモデルを担う「BMW i」、自分だけのこだわりのクルマを実現するカスタマー・オーダー・メイド・プログラム「BMWインディビジュアル」。そして「MINI」、「MINIジョンクーパー・ワークス」が勢ぞろい。

BMWとMINはそれぞれの世界観に包まれるショールームに分かれていますが、BMWは25台、MINIが11台展示されています。なかでもBMWの展示スペースは直線で80m!圧巻です。

そして「BMW GROUP TOKYO BAY」の最大のトピックは、「体験型」ということで、試乗車はなんと80台!

話題の「M4」や「i8」もラインアップに入っています。「i8」といえば、メディアでもなかなかお借りしづらい車なのですが、それがここでは試乗できてしまうのが凄い!整備のスペースも4つ用意されています。

BMWエリアとMINIエリアをつなぐ場所にはカフェスペースもあり、その奥には300名が収容できるホールも完備。こちらには同時通訳の機能もあります。

「BMW GROUP TOKYO BAY」の総工費は約43億円!!!

そしておしぼりにもこだわりがあります。国産の天然素材を使用し、肌触りが良いだけではなく、そのまま布巾としても使用できます。そのうえ3か月で土に還るとか。カップ&ソーサーももちろんオリジナル。

ちなみにここでクルマを購入することもできます。
試乗して気持ちが盛り上がったら、その気持ちが冷めないうちに…というわけですね。

(吉田 由美)

クルマも恋も気持ちが冷めないうちに!「BMW GROUP TOKYO BAY」【吉田由美のすべすべ】(http://clicccar.com/2016/06/19/379806/)