18日、第3回目を迎えた中国のアイドルグループSNH48の選抜総選挙が今年もスタート。昨年を大きく上回る勢いで投票数を伸ばしている。写真はSNH48。

写真拡大

2016年6月18日、第3回目を迎えた中国のアイドルグループSNH48の選抜総選挙が今年もスタート。昨年を大きく上回る勢いで投票数を伸ばしている。網易が伝えた。

【その他の写真】

今月10日にスタートした第3回選抜総選挙は、来月8日に中間発表が行われ、最終結果の発表コンサートは30日、上海メルセデス・ベンツアリーナで3時間にわたって開催される。総選挙には先月誕生したばかりのBEJ48(北京)とGNZ48(広州)メンバーも加わり、計166人が参加している。

今月17日正午の時点で、トップは前回3位のリー・イートン(李藝[丹彡])。2位は「4000年に1人の美少女」と日本でも話題になった「キクちゃん」ことジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)。こちらは前回2位だった。得票数が2万票を超えているのは、この2人だけ。トップ争いはこの2人に絞られる可能性が高い。

3位につけているのが、チームHIIに所属し、6期生としてデビューしたばかりのスン・チェンニー(孫珍[女尼])。今回最大のダークホースとして注目されている。

17日夜の時点で、トップ48の総得票数は15万8973票となった。公式データによると、前回総選挙のトップ32の総得票率(速報)は3万7168票だったが、今年はすでに10万を超え、13万1003票に。前回と比べて352%増となり、関心度の高さを示している。(翻訳・編集/Mathilda)