男性がドライブデートの際に気をつけるべきマナー4つ

写真拡大

長時間二人きりの時間を過ごせるドライブデート。ですが、閉塞的な空間だからこそ気を付けるべきマナーはたくさんあります。ドライブデートを存分に楽しむためのマナーを社会人の男性に聞いてみました。

■安全第一

・「危険を避けるため安全運転を心がける」(34歳/情報・IT/技術職)

・「無理な追い越しをしない。スピードを出し過ぎない」(32歳/金融・証券/専門職)

まずは何といっても安全第一。デートで浮かれるのはわかりますが、人の命を預かっていることを忘れてはいけませんよね。楽しいドライブにするためにも、自分一人で乗っているときの運転よりも、さらに安全運転を心がける必要がありますね。

■快適な空間づくり

・「車内のニオイや温度。快適に過ごせるかどうか」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「車内のニオイや片付け。音楽も、わかっていれば相手の好みのものを用意する」(32歳/医療・福祉/専門職)

ドアを開けた瞬間、自分の嫌いなニオイが充満していたら、それだけでドライブデートに行きたくなくなってしまいますよね。閉ざされた車内ではいつもよりニオイが気になるもの。車内は常に清潔に保っておきたいですね。

■優しい運転

・「止まるときには衝動を与えないように止まる」(31歳/その他/その他)

・「車酔いしやすいかまずは確認。さりげなく、たばこタイムと偽りコンビニやSAでのトイレ時間や休憩を設けるようにしている」(34歳/機械・精密機器/技術職)

乗り物酔いをしやすい人にとっては、ブレーキのときに体にかかる重力や荒い運転、くねくねと曲がりくねった道でさえも不安要素となり、症状を悪化させてしまうことも。適度に休憩を取りながら優しい運転を心がけてもらえるとうれしいですね。

■話題は事前に準備

・「助手席になったときは常に話しかけるようにしている」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「会話が途切れないように、できるだけ長く会話を続けること」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

流れる景色を見ているだけでは話題も途切れ途切れになりがち。その状態では二人で退屈な時間を過ごすことにもなりかねません。延々と話し続けるのも考え物ですが、適度に会話が続くよう、ある程度の話題は考えておくといいかもしれませんね。

ドライブデートでは、普段自分では何とも思っていないことでも、相手にとっては不快に感じることもあります。お互いに気持ちよくドライブデートを楽しむためにも、事前の準備はしっかりと整えておきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数206件。25歳〜34歳の働く男性)