星空の軌跡をイメージした東京タワーの星空マッピング

写真拡大

東京タワーでは8月31日(水)まで、幻想的な夏の星空をイメージした3Dプロジェクションマッピング映像イベント「TOKYO TOWER SUMMER LIGHT FANTASIA」を開催している。

【写真を見る】夜景をバックにホタルが夜空を舞う様子をイメージしたプロジェクションマッピングも

本イベントは、東京タワーの夜景映像マッピングとしては初めて夏に行われるもので、高さ150mにある大展望台2階フロアの北側(虎の門・皇居方面)と西側(新宿・六本木方面)の室内窓ガラスと床面に、夏の夜空をイメージした映像を投影する。映像はコブクロが歌うテーマ曲「星が綺麗な夜でした」にあわせ動きを変え、7月15日(金)からは花火のマッピング映像も追加される。

また、大展望台の1 階フロアでは「天の川イルミネーション」も楽しめるので、まだまだ梅雨空の続くこの時期でも、一足先に夏の夜景を楽しめそうだ。【ウォーカープラス「夜景時間」/文=杉山元洋】